いよいよシベリア入り〜
本日天気 26→10→14度(終日氷点下) 晴れ

e0250594_1185594.jpg

 半日宿泊のイルクーツクホテルから見たアンガラ川。丁度朝日が昇り、靄が立ち上っていました。
 写真が趣味の方ならここは撮影スポットの一つになると思います。以前両親と叔母が村まで遊びにきてくれた帰りにイルクーツクへよった時は氷点下30度で空気中の水分が凍りつつ靄がたちこめとても幻想的でした。
 経由したヘルシンキもモスクワも+の気温で全然寒く無かったし雪も道路には残っていませんでしたが、イルクーツクはやっぱりシベリア雪景色。と言っても大きな都市ゆえ道路はかなり雪掻きされていますが。
 気温もぐっと下がって来ました。空港は特に吹きさらしなので体感はぐっと低く感じますね。 

e0250594_124299.jpg

 今年は珍しくモスクワイルクーツク便2度目。今日の機内食は人参と黄色い蕪のピリ辛サラダ、ハム、パン、アップルクランブル。がboxに入っていました。
 飛行機に乗るまで実は気持悪くてぐったりしていた上に、このフライト自体深夜便なので半分眠っていて食べるのよそうと思っていたのに、メインの香があまりに良いので結局ハムとパン以外は食べていました。苦笑
 サラダとアップルクランブルは結構美味しかったです。甘さ控えめのクッキーの上にりんご、その上からこれまたロシアとしては甘味控えめなクランブルが乗っています。
 最寄り国内線空港とモスクワ間の便は同じ航空会社ですが、機内食は結構違います。いつもの路線はメインが鳥、肉(牛か豚)、魚の3種類から選択。そしてお菓子がたいていクッキーの間にジャムか練乳が塗ってあるものです。
 あとハムと言うよりもっとソフトサラミっぽいものや生ハムが入ります。そして魚の塩漬が入っているのでこの辺りはいつもの路線の方が美味しいですね。
 
e0250594_131405.jpg

 メインは肉と鶏肉と言われたので一つずつ。肉はもうろうとしていて豚か牛かも判らず食べてしまった。汗
 味つけはトマトベースの煮込みで、ターメリックライスと莢隠元豆添え。肉が堅いものの味はなかなか美味しかったです。意外にターメリックライスが味つけも食感もスパイシーなところも美味しくて珍しかった。
 鶏肉はクリーム煮でマッシュポテト添え。こちらも味食感とも良く、更にマッシュポテトが美味しくて嬉しかったなー。
 
 食事までは何とか起きていたものの、食後の珈琲も半分で後は爆睡。気付いた時はもうほとんど着陸寸前でした。
 最寄り国内線空港にしてもイルクーツクにしても深夜便なので食後すぐ寝てしまいまあ短い事。6時間以上のフライトなのだけど。
 
e0250594_1415215.jpg

 イルクーツクの空港に着いたら、なんとレンタカー屋が出来ていた。2月にもあったかしら?本当にサービス受けられるのかと思いつつ記念に。
 右は荷物を待つ人とタクシー屋の人だかり。
 我が家は連れ合いの古くからの知人が迎えにきてくれました。仕事は???日本にいたとき、ラジカセをかついでポーズをとったお大きい写真で見ていた人なのだけど、お腹がすっかり立派になって体格も良くなっていて、本当に同じ人?状態でした。
 連れ合いは懐かしそう。 
 一度ホテルへチェックインし、私は二度寝、連れ合いは仕事。本当にタフじゃないと勤まりませんな。
 
 お昼過ぎに連れ合いが戻って来てからコートを買いにまたホテルまで送ってくれた知人が案内役兼運転手を引き受けてくれました。有り難や。

e0250594_1464524.jpg

 ついつい白樺に目が。イルクーツクで見かけるものはしだれるものが多いようです。
 コートを見に行ったホテルヨーロッパ近くの市場横で。
 結局連れ合いが思い描くコートが無く、この市場では列車で食べる夕食の惣菜だけを買って移動。次の場所もまたお気に入りが無く…、結局景色が綺麗だというところへ連れて行ってもらいました。
 
e0250594_1491561.jpg

 イルクーツク市が350周年の記念事業として整備中の再現木造住宅群。綺麗に再現していました。ちゃんと丸太を組んだログハウス。建築をやっている人にはなかなか面白い一角ではないかと思います。
 働いていたとき、ログハウスにも縁が少しあったのでへ〜と思いながら一つ一つ見て回りました。と言っても外からだけ。まだ整備中で中に入ったりする事が出来るわけではありませんが、何れはお店等が入るそうですよ。
 まとまってロシアの伝統的木造住宅を見る事が出来るのはなかなか良いと思います。もっと古典的なものはバイカル湖へ向かう途中に公園がありますが、こちらは真新しく作ったものなのでまたちょっと雰囲気が違います。
 
e0250594_1532168.jpg

 こちらは窓に寄ったところ。どの窓もロシアらしさを演出中。ちょっとレトロっぽい薔薇柄やグジェリを思わせるブルーの花柄は乙女チックなロシアの布ものを見る事が出来ますよ。
 雨戸もまだ綺麗。
 
e0250594_155062.jpg

 こちらは再現木造住宅の区画とは道路を隔てて反対側に有る実際に人が住んでいる古くからの木造住宅。バルコニーが素敵です。
 ちゃんと手入れをしているようで外観がいい状態で保たれている様に見えました。
 
e0250594_201590.jpg

 続いて外正門の様な建物へ。これ又綺麗になっていました。時間も押して来てかつもう1カ所コートを当たってみようと言うことになり、近くには行かず道路反対側から写真を写して終わり.夕焼けが丁度綺麗。
 
 この後寄ったお店連れ合いも念願のコートを買ってホテルへ戻る事に。このお店で婦人物手袋コーナーに内側毛皮の手袋発見。ああ、惜しい、日本で買って来ちゃいました兎の毛皮のやつ。
 このお店のものはなんとミンク。いや、ごつい五本指手袋でしたが、そりゃーもう暖かさが段違いです。
 まあ村ではミンクであろうと五本指手袋ではしもやけになってしまうのでミトン使うから良いけれど、やっぱり毛皮には厳密にランクがあって、都会のデザイン重視とはまた違い、価格=保温性にダイレクトに反映されます。
 
 この後なんとこの知人がホテル到着後また1時間して迎えにきてくれ、駅まで送ってくれた上に重い荷物を3つも抱えてホームしいては個室まで運んでくれ、各収納場所へ全部入れてくれたのです。
 いやー持つべきは怪力なロシア人の知人ですね。我が家と言えばゴーフルしかお土産に渡せるものが無く、次回機会があったらちゃんとお土産渡さなきゃと反省反省。
 列車の個室2段ベットの上の棚にスーツケース(23kg以上)を持ち上げて1発で入れるって凄い。

e0250594_282751.jpg

 同じ個室には既に入っていた男性と後から子連れのお母さんが乗って来ました。何処かで見たことある様な?とは思ったものの、この広いロシアで私の狭い交友関係の人とあうなんて事は無いだろうと思っていたら、向うから「○×△村へ行くのか?」と話しかけて来ました。
 連れ合いが緊張すると言うか外向きの態度に変化するのが背中でも判っておかしかった。何処で仕事に繋がっているか判らないと言うのはさんざん経験していますが、今回は違った。
 なんと、今年参加した芸術家さん長男の結婚式であっていました。お嫁さんのお姉さんとその子供。いやー世間って狭い。
 
 丁度夕食を食べようとセッティング中でしたが、子供がいる中臭いの強いものを食べるのはどうか?と思ったけれど、お腹はすくわけで、結局食べることに。
 市場で購入した惣菜。夕食には胡瓜の大蒜胡麻油和え、人参のピリ辛漬けやや甘め、もやし大蒜胡麻油風味、緑大根の大蒜塩風味、鶏の鶏冠、砂肝。これに「尾西の山菜おこわ」。アルファ米を使ったシリーズで今回久しぶりにこういうご飯ものを買ってみましたが、いやはや、時代は進んでいた。凄く美味しい。
 ウズベクのナンが買えればそれでも良かったのだけど、たまにはと買ったんです。でもこんなに美味しいならこういう移動の時は常備しても良いかも。
 列車内はお湯使い放題なのでこういう時は有り難いですね。
 開いたパックは密閉出来るので臭いが強い惣菜で残ったものを入れて保管袋にもなり予想以上に便利でした。
 
 しばし子供の相手をして早めに就寝。私は列車でも爆睡出来るのでこういう旅はいつでもOKなんですけどねー。

 


日々作ってみた食事レシピブログはこちら
これ旨いのか?

ロシア料理のみのレシピブログはこちら
ロシア料理は豊かな味

白樺細工の事はこちら
ロシアから白樺細工


にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by etigoya13-2 | 2011-12-08 23:12 |
<< 鉄道の旅満喫中 さっさと空港へ移動してゆっくりと >>



小さな発見小さな喜び日々の生活を丁寧に 2007年1月末より連れ合いの駐在に帯同して初海外生活。2015年5月帰任しました。
by 越後屋
書いているのはこんな人
名:越後屋
生年月日:1972年3月19日
家族:日本人の連れ合い
趣味:惰眠をむさぼる、料理を作る、食べる、何か手を動かしている
他:座右の銘は「食は魂!」
  今は毎日白樺細工製作中

シベリア
旅行口コミ情報

Flag Counter

PVアクセスランキング にほんブログ村
カテゴリ
全体
おしらせ
日々のこと

住まい
手仕事
買い物
食べ物


未分類
最新の記事
ブログ引っ越しました
at 2016-01-14 22:20
新しい白樺樹皮を開ける
at 2016-01-12 23:27
鏡開き
at 2016-01-11 23:15
お正月の料理と野菜を消費する
at 2016-01-10 22:34
馴染みの店味、新しい店の味、..
at 2016-01-09 23:17
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
フォロー中のブログ
小さな手紙
うろうろ、ごそごそ。
北緯44度の雑記帳
銀座 月光荘画材店
いつも食べることばかり
ハギスはお好き?
森の暮らし  たいまぐら便り
楽子の小さなことが楽しい毎日
フィレンツェ田舎生活便り2
Kippis! from...
そんな毎日、こんな毎日
糸巻きパレットガーデン
知りたがりやの食べたがりや
** mana's K...
ちりめん戯縫
Meille tulee...
..., and trips
粉もん☆マニア
mielilei
日々の彩り
マドモアゼルジジの感光生活
終の棲家のひとりごと♪
アクデニズ。
ソーニャの食べればご機嫌
ベジタリアンミットゥンと...
てぶくろ
カザルパロッコのネコ(C...
猫のはんどぱわー
日光グルマンズ和牛 | ...
エーゲ海のひとりごと。
NO ANCHOVY, ...
窓の向こう側
おいしいは嬉しい
北欧・スウェーデンよりシ...
文箱にはいるもの
*ごはん~~~☆``
フランス Bons vi...
ジェット妻ストリーム2
die Elfen im...
すてきてきさす
KINJO!
パリ流ダイアリー(Pet...
y-hygge
Wagon Cafe
Kuechennachr...
麓の家から
私のひとりごと
mi piacciono...
ビーズ・フェルト刺繍作家...
o r i o r i
ちょっとそこまで
フランス Bons vi...
My style
Santa Clara ...
日々の記録
YUKKESCRAP
外部リンク
最新のトラックバック
2015年の梅干し仕込み
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
2014 梅干漬けました♪
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
イカセンター新宿総本店
from ソーニャの食べればご機嫌
イージースモーカーで作る..
from THERMOS イージースモ..
冬夏取り混ぜ!編んだ♪編..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
引っ越し後半~なんとか落..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
レモンとオリーブのロース..
from Ninukitchen便り
シフォンケーキ週間
from PoroとHirviのとおり道
おひとりさまランチは麺類..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
おひとりさまランチは麺類..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
タグ
(1072)
(712)
(406)
(237)
(181)
(172)
(143)
(142)
(107)
(103)
(97)
(78)
(75)
(41)
(34)
(30)
(18)
(10)
(8)
(7)
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧