イルクーツク散策の後列車にて村へ向け出発
本日の天気 17→12→13度(終日氷点下) 曇り

e0250594_2354150.jpg


e0250594_23595128.jpg 本日の一枚は気にいった木造住宅。
 イルクーツクに行くと楽しみなのが古い形の木造住宅を眺める事。
 村もまだこのタイプは残っていますが、都会に行く程少なくなっているもの。でもイルクーツクは比較的中心部にも地上げにめげず残っている建物がちらほら。
 角材を使ったログハウスの物や、その上に板を綺麗に貼ったお宅等色々。
 こちらのお宅は窓飾りや軒飾りが繊細で素敵でした。
 こういう飾りは村でも窓枠を新しいプラ素材等に変更する時に取り外され再度つける事が無いお宅が増えて来ているので見かけるとワクワクしちゃいます。
 こちらの建物は窓枠は新しい物に変えてあるけれど、窓飾りはそのまま利用しているようで嬉しくなっちゃいます。

e0250594_032071.jpg

 爆睡していて、気付いたら着陸していました。汗
 寝ている時もシートベルトをしているし、滅多にシートを倒す事も無いので起こされる事無イルクーツクに到着。
 あっという間の6時間ちょっと。
 私が村へ初めて行く為にハバロフスク経由でイルクーツクに来た時は、まだ新しい空港は建設中。掘建て小屋としか呼べないとりあえず壁で囲っただけの場所に荷物が下ろされるので、私たちイルクーツクで降りる人間もバスでその掘建て小屋前におろされていたものです。
 両親がきた時もまだその掘建て小屋が現役。
 でも今は全て新しい空港の中で済む様になりました。写真は到着して、荷物の出て来るのを待つ人々。
 一応建物は綺麗でしょう。

e0250594_065868.jpg


e0250594_0142882.jpg こちらはお土産屋。一気にイルクーツクらしい白樺細工入り蜂蜜やら松の実が並びます。
 他にもバイカルアザラシの人形やらお茶各種。
 お茶はベリーの葉だったり、自生のハーブだったり色々。それぞれ薬効が有ると言われています。
 お店の中にはバイカル湖名物オームリの燻製やら塩漬けやら塩漬け干しやらも。他に狼や山猫、熊の毛皮まで売っています。
 値段は空港価格ですが、とりあえずロシア人も認めるイルクーツクらしいお土産が並んでいる事は並んでいます。お金に余裕があったり、色々歩き回るのは面倒と言う向きには便利かも。

e0250594_0212557.jpg

 空港の中で、使ってみれば良かった!と後で思ったのがこちらの自販機。売っている物は水。昔の映画を見ていて、こういう水の自販機にコインを入れるとコップが出て来て水が注がれるっていう場面が良く出て来るんです。
 どんな容器で水が出て来るのか使うべきだった。この時点でまだ寝ぼけていてぼーっと眺めて終っちゃいました。

e0250594_0235572.jpg

 イルクーツクでは宿泊はしないのだけど、夜の列車まで時間が有るので、荷物を置く&シャワーを浴びる等でホテルを1日分予約しています。
 チェックインしてシャワーを浴びて、スーツケースに入るだけ荷物を入れ替えてお茶で一息。連れ合いが仕事をしている間私はつかの間仮眠。
 その後お昼へ。
 午後連れ合いがイルクーツクに有る事務所に顔を出すと言う事でその事務所近くのレストランに。
 こういうところは大抵ビジネスランチというコース仕立てだけど料理が決まっている物を提供しているのでそれを頼みました。
 何せアラカルトなんて頼むと1品だけでももの凄い時間が掛かるなんて事を何度も体験したので。
 一人300руб(約1,000円)高いのか安いのか…日本の味基準で行くと高いけれど、構成要素としてはまあさほど高くも無いと言う微妙なライン。
 サラダ(2種類から選択)→スープ→パン→メイン(2種類から選択)→デザート(2種類から選択)→お茶(コーヒー又は紅茶)
 
 写真はサラダとスープ。モスクワヘ入った時点で周りは基本的にロシア語ばかりだし、ロシアにいるという実感は既にありありと感じているんだけど、このレストランで猛烈に「今私ロシアに入るわ!」と体感。
 サラダが両方マヨネーズ味で、内陸のど田舎村ですら定番になっている烏賊サラダとかが出て来たと言うのも有るけれど、何と言ってもスープ。
 ロシアらしい味つけのスープに一体何が浮いているのか?っていう程にょろにょろと絞り出されているマヨネーズ。このマヨネーズ浮かぶスープこそ脱力しつつロシアにいるわ。って思う象徴的一品です。
 以前だったらスメタナ(サワークリーム)だったところ、ロシアになって以降急速に広まったマヨネーズが使われる事が多くなっています。
 いつもならスープにマヨネーズもスメタナも入れないでって言うのにすっかり忘れたら…この有様。
 いやはやさすがロシアだ。

e0250594_044545.jpg

 お昼を食べ終わり、事務所での打ち合わせの後、その事務所に勤める知人が車を出してくれ我が家をお店へ案内してくれる事になりました。(靴と上着の店を回る事をお願いしていた)
 その途中車窓からちょっと古い建物を集めてみました。
 色々な色、木造や煉瓦張り等建て方も少しずつ違い毎回思うけれど、イルクーツクは建物を見る楽しさが有りますね。
 窓飾りや雨戸の色合いも色々。右上なんて白い窓枠に水色の窓飾り&雨戸で壁が茶色。目立つけれど、これは村でも定番と言える配色なんです。
 長く暗い冬にはこういう華やかな色合いが良く映えます。
 
e0250594_135979.jpg

 続いて1階窓がこんな場所で良いのか?な建物。
 車でほとんど隠れちゃっていますが、左なんて歩道とつらに窓の下端が来ています。さすがに雨戸閉まってますが、これで開いていたらちょっとした事で窓ガラスが割れちゃいそうですよね。
 右はまあさほど変に見えませんが、実際には結構地面に近いんです。以前こういうお宅のカーテンが開いていてちらりと中が見えましたが、半地下というか床面が歩道より下なので、家の中からは腰高窓と言う感じなんですけどね、ぱっと見たら人の足っていう環境はどんな感じなんでしょうか?

e0250594_110732.jpg

 左はこちらもまた窓が低いですが、今度は坂にあわせて傾いている様な家。家の中は平なんでしょうか?
 あ、でもまあ我が家も水平な場所ほぼ無しな家なので人様のお宅をどうこう言えないですけど、ここまで見た目傾いてないです。苦笑
 右は見にくいんですが後ろにちょっと傾き気味だったので写してみました。それにしても、こちら路面と窓下端ほぼつらですが、雨戸は毎晩占めるのかなー?
 日本の雨戸と違って開き戸で、鍵は外から掛ける形なんですよ。毎晩外へ出てがっちり保護するのかしら?

e0250594_1134975.jpg

 続いては一気に雰囲気変わってアパート。とは言っても新しい物ではなくてやっぱりちょっと古いタイプ。
 左はなんと張り出している部分は各家庭が独自に増築していますよ。日本だったら考えられない事ですが、こちらはバルコニー後付と言う事も意外に有るらしい。
 中や右を見ると判ると思いますが、バルコニーの形状も色々、窓も色々。日本ってこういう場所は共有部分で独自性が出る事は設計段階で出ていない限り無いと思いますが、ロシアではまあその辺りは持ち主に依ってと言う感じ。
 確かに窓枠は年々良いものが出るし、この手のアパートは古い物で以前の窓枠だと暖房効率が悪いでしょうから変えたくなるのは良くわかるんですけどね。
 バルコニーは力の入れ具合が歴然と判ってしまいます。苦笑

e0250594_1183145.jpg

 建物見学はそろそろ終りに。イルクーツクらしいなと思う1枚で。
 イルクーツクは、私が初めて通過した時から見ても凄く建物が変わって来ている都市。そう考えると奥に建つ新しいビルの手前に古いレンガ作りや木造の建物、少し高い建物もソ連時代からと思われる建物で新旧混合な感じがとてもイルクーツクらしい一面だと思います。
 もちろんイルクーツクと一言にいってもご多分に漏れず広く、中心部から離れるほど、昔ながらの木造住宅だって多いのですけどね。
 
 この後、新しい方の市場へ連れて行ってもらい、列車で食べる夕食&昼食の買い出し。こちらで惣菜から肉、果物まで調達出来て村には無い色々な種類を比べられるところが大好き。
 市場って楽しいですね。

e0250594_126710.jpg

 さて、市場で食材も確保しホテルへ戻り出発時間まで一休み。今回最大の難所がこの列車に乗る時です。
 託送品をなるべく入れ籠んだスーツケースが既にかなり重い上に、23kgの段ボール一箱。その上ボストンバッグに書類鞄にと荷物が多いところに桶だの食品だの変形の形や溢れ易く危うい荷物有りですからね。
 予想通り大変だった。しかも本来36kgまでしか持ち込めず、別途追加料金を払って貨物扱いで乗せるところ、どうすれば良いの?と判らないふりしていたら、車掌の上司があきらめ顔で「乗せれば」という指示。
 何とか列車に乗る事が出来ほっとしました。苦笑
 今回自分達の荷物を減らして人の荷物なので運ばないわけに行かなかったからねー、乗って一気に緩みましたよ。
 同室の人がいたのだけど、別の個室の友達のところへ行ってくれ、「隣りにいるから着替えていいよ」とか色々優しくしてもらいました。これ又有り難い。
 とにかく車掌から荷物が少なく見える様しまい込んでねオーラが出ていたのでせっせとしまい、何時もよりむしろ寝台は快適だったかも。
 一息ついたらお腹が猛烈に好き、夕食準備。列車の発車は20時とまあ夕食を食べるに適している時間と言えば時間ですしね。
 発車した後でぶれ気味の写真も有りますが、左から一先ず包まれたまま机の上に置いたところ→中からそれぞれの入れ物を出さんとしているところ→容器を広げ、何から食べようか思案中の図
 この瞬間が列車の旅で好きなところ。ワクワクしながら、明日のお昼あわよくば到着間近の夕食まで如何に持たせるかとか考えて食べる量やなんかを決めるの楽しいですよね。

e0250594_1343128.jpg

 結果今日の夕食はこちら。
 左は端は鶏ささみの冷燻製お皿の中は木耳の塩大蒜和え/鶏鶏冠塩大蒜和え/味つけ砂肝/もやしの塩大蒜和え/ブロッコリの塩大蒜和え。右端は胡瓜の即席漬け、左奥は青大根の即席漬け。
 これに馬鈴薯入り大麦無発酵パンを添えて。
 惣菜は朝鮮系の人達が持ち込んだ調理方法だと思うのですが、胡麻油が効いている物が無かったので一応ナムルとは区別してみました。
 どれも塩大蒜が基本ながらそれぞれ塩梅や微妙な副素材の違い素材の違いで味わいが違うところが好き。
 青大根と写真に写っていませんが、キャベツは店からのサービス品という形で追加されたもの。青大根葉砂糖が使われていてやや好みから外れたけれど、後は美味しかった。
 特に鶏ササミの冷燻が美味しくて、もっと買って来たかった!という一品でした。
 やっぱり市場は楽しい。

 胡瓜とブロッコリはなるべく早く食べきる予定。なにせ、列車の中でがんがん発酵しちゃうので。


関連記事
イルクーツクでビジネスランチ

日々作ってみた食事レシピブログ「これ旨いのか?

ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味

白樺細工の事「ロシアから白樺細工

シベリア
旅行口コミ情報

にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村 
[PR]
by etigoya13-2 | 2013-02-15 23:28 |
<< 列車の旅 村まで モスクワ→イルクーツクへ >>



小さな発見小さな喜び日々の生活を丁寧に 2007年1月末より連れ合いの駐在に帯同して初海外生活。2015年5月帰任しました。
by 越後屋
書いているのはこんな人
名:越後屋
生年月日:1972年3月19日
家族:日本人の連れ合い
趣味:惰眠をむさぼる、料理を作る、食べる、何か手を動かしている
他:座右の銘は「食は魂!」
  今は毎日白樺細工製作中

シベリア
旅行口コミ情報

Flag Counter

PVアクセスランキング にほんブログ村
カテゴリ
全体
おしらせ
日々のこと

住まい
手仕事
買い物
食べ物


未分類
最新の記事
ブログ引っ越しました
at 2016-01-14 22:20
新しい白樺樹皮を開ける
at 2016-01-12 23:27
鏡開き
at 2016-01-11 23:15
お正月の料理と野菜を消費する
at 2016-01-10 22:34
馴染みの店味、新しい店の味、..
at 2016-01-09 23:17
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
フォロー中のブログ
小さな手紙
うろうろ、ごそごそ。
北緯44度の雑記帳
銀座 月光荘画材店
いつも食べることばかり
ハギスはお好き?
森の暮らし  たいまぐら便り
楽子の小さなことが楽しい毎日
フィレンツェ田舎生活便り2
Kippis! from...
そんな毎日、こんな毎日
糸巻きパレットガーデン
知りたがりやの食べたがりや
** mana's K...
ちりめん戯縫
Meille tulee...
..., and trips
粉もん☆マニア
mielilei
日々の彩り
マドモアゼルジジの感光生活
終の棲家のひとりごと♪
アクデニズ。
ソーニャの食べればご機嫌
ベジタリアンミットゥンと...
てぶくろ
カザルパロッコのネコ(C...
猫のはんどぱわー
日光グルマンズ和牛 | ...
エーゲ海のひとりごと。
NO ANCHOVY, ...
窓の向こう側
おいしいは嬉しい
北欧・スウェーデンよりシ...
文箱にはいるもの
*ごはん~~~☆``
フランス Bons vi...
ジェット妻ストリーム2
die Elfen im...
すてきてきさす
KINJO!
パリ流ダイアリー(Pet...
y-hygge
Wagon Cafe
Kuechennachr...
麓の家から
私のひとりごと
mi piacciono...
フェルタート™・オフフー...
o r i o r i
ちょっとそこまで
フランス Bons vi...
My style
Santa Clara ...
日々の記録
YUKKESCRAP
外部リンク
最新のトラックバック
2015年の梅干し仕込み
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
2014 梅干漬けました♪
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
イカセンター新宿総本店
from ソーニャの食べればご機嫌
イージースモーカーで作る..
from THERMOS イージースモ..
冬夏取り混ぜ!編んだ♪編..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
引っ越し後半~なんとか落..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
レモンとオリーブのロース..
from Ninukitchen便り
シフォンケーキ週間
from PoroとHirviのとおり道
おひとりさまランチは麺類..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
おひとりさまランチは麺類..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
タグ
(1072)
(712)
(406)
(237)
(181)
(172)
(143)
(142)
(107)
(103)
(97)
(78)
(75)
(41)
(34)
(30)
(18)
(10)
(8)
(7)
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧