この冬一番更新した?
本日の天気 43→25→33→39度(終日氷点下) 居住霧晴れ

e0250594_12120017.jpg
e0250594_12185866.jpg

 この冬最低気温となったらしい朝。
 いつもなら私が外出するお昼頃は大抵気温が上がっていると言うのに、今日はまだ40度近くをウロウロしている気温。
 家から近い公園横でボイラー煙突の方を見たけれど、居住霧が濃すぎて何も見えず。
 定点観測地点へ来たら、霧の上にかろうじて煙の上端が見えていました。
 ↑写真上の方が気持青く見えますが、この青いところの下側白いのが居住霧。天気予報で言えば今日は晴れです。はれに見えにくいけど。
 人が活動しているところで発生する様々な水蒸気を含んだ煙等が凍って地表近くに霧となって漂っているもの。
 車の排気ガス、ボイラーからの煙、家々のペチカ、そして人の吐く息。
 今日は15時過ぎまで室内からもキラキラ輝きながら漂うダイヤモンドダストを見る事が出来て綺麗だったな。
 夕方帰宅する頃には気温も上がり、ボイラー煙突も煙とともに姿を現しました。




日々作ってみた食事レシピブログ「これ旨いのか?
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味
白樺細工の事「ロシアから白樺細工

↓人が生活していると水蒸気沢山出るのねと思ったら一押しよろしくね〜。
 つづきも良かったら。





e0250594_12202198.jpg

 何処からとも無くすきま風が流れ室温上がらない1階と違い、2階は温かいので窓の霜も一晩で成長。
 その向うは濃い霧の中の朝。

e0250594_12282601.jpg

 本来は樹々の向うにくっきり見えるはずの教会も見えませんね。


e0250594_12291043.jpg

 新しく同じ敷地に経つ隣りの家を購入された方(去年から住み始めた)は給湯暖房を取り外し、ペチカ1本に絞ったらしく冬になり毎日煙突から煙が上がっています。
 今日はさすがに勢があってかつ夜まで絶え間なくたいていた。
 こういうペチカって誰か家にいなくてもたいているものなのか実は凄い興味があるんです。
 もう少し話等する様になったら連合いに聞いてみてもらおうかな。
 雪が降り始めた初冬に外壁の多くを外して本体の角ログハウスを剥き出しにして入念に隙間を断熱材を詰め込み、更に発泡ウレタンを上から充填して断熱していました。
 春になったらこの裸の角ログに外壁貼るのかな?
 こちらのお宅は以前駐在していた日本人が住んでいた場所なのだけれど、その人も寒いとは言っていたけれど、ロシア人からしたらもう我慢出来ないくらいすきま風凄かったのかも。

e0250594_12301910.jpg

 一応真冬一番寒い時使用の恰好でいざ外出。
 メインストリートにてボイラー煙突方向を。全くここからは煙突も煙も判りませんね。汗
 毛皮のコートに毛皮の帽子、靴もВаленки(ワーレンキ/フェルト製の防寒長靴)入り毛皮付きブーツだとさすがに寒さ感じないわ。
 今日はアゴもカシミヤのマフラーで万全。頬は毛皮の帽子の耳当ておろして万全。
 鼻だけですねこういう日に辛いのは。笑

e0250594_12321915.jpg



 どんなに寒くても洗濯物は外。
 村だと真冬外へ干すと3、4分で布の中の水分が表面へ出て来て凍結。
 それを取り込む時にさっと手ではたけばもう乾燥完了なんだとか。
 私はその前に外套来て外へ干に出るのがおっくうで試した事無いですが、芸術家さん宅で見せてもらったら本当だった。
 彼らは外へ干す方が短時間に乾くし寒いから衛生的だとも言っていました。
 寒冷地の智恵ですね。


e0250594_12333183.jpg
e0250594_12341034.jpg 
 ↑では何の写真か良くわかりませんが、これお店の扉内側。
 村のお店は大抵一番外の扉を入って、更にもう1回ドアを開けると店内という作り。
 通常の一戸建てのお宅と同じで玄関、内玄関方式です。(アパートも共同玄関を玄関、各家庭の玄関を内玄関と置き換えられます。村は外廊下のアパートは有りません。)
 この次の扉までの空間だって24時間暖房稼働中なんですよ。
 一番外の扉から入ればかなり暖かいのに、外気を目一杯遮断するこの扉は内側こんな風に霜が付くんです。
 古い冷蔵庫の冷凍庫部分に付く霜ってこんな感じだったなと思いながら思わず写しちゃいました。
 まあこの霜は今日ぐらいの気温に下がらずとも付いているので、真冬はほぼずーっと付きっぱなし。
 素手で触るとぴとっとくっ付くので手袋必須です。

 作業を終え、夕方家へ帰るのが少し遅れたので急いで夕食準備。今日は発酵物が夕食だから時間何時もよりかかるのだった。

e0250594_12393940.jpg
 本日の特選食材。
 お風呂で泳がせて解凍中の図。
 頭の先から尻尾の先まで50㎝越えのНалим(ナリム/カワメンタイ)。
 水煮浸かるとぬめぬめ度一番強いと思われる魚です(村で手に入る中で)。
 本当はアゴに1本ひげが有るのが特徴なんですが、アゴと口先が擦り剥けてしまっていて無し。
 残念結構間抜け顔で可愛いのに。

e0250594_12435781.jpg

 魚を捌いて出るあらと頭は毎回こちらのУха(ウハー/ロシア風魚のスープ)にするのが定番。
 今日はナリムの肝臓も入れたのでちょっぴり白濁しています。
 村の人は肝臓凄く好きらしくて、ナリムもЩука(シュカ/カワカマス:ノーザンパイク)もその大きな肝臓を楽しみにしているんですって。
 我が家肝臓そのものを頂くのは2人して得意では無いので出しだけですが。
 今日は仕上のウォッカ投入もする作り方。美味しいなー。
 魚の出しが濃厚で好き。

 
FOODIES レシピ外で楽しむУха(ウハー)


e0250594_12480672.jpg

 そして私の本日目玉料理はこちら〜。
 ドアップでどうぞ。笑

 Пирог с рывой(ピローグ ス リーヴォイ/魚のロシア風パイ)

 これが連合い苦手な料理。
 私が村に来たばかりの頃は誰かの誕生日や駐在員の帰任の時に必ず出ていたのですが、そう言えば最近とんと見かけなくなりました。
 連合いが苦手な事も有り、今まで作った事無かったんですが、毎回釣りの成果を分けてくれる目立てのあんちゃんが「ナリムはピローグが一番」ってくれる度に言うから作ってみたかったんです。
 しかし、あんちゃん自分の奥さんが作るピローグじゃなくて奥さんのお母さんが作るピローグが好きらしく、食べるばかりだから作り方判らず。
 そんなわけで具は炒めるのか?味つけは???なまま調理となりました。
 しかもこれ小さく2個他に作ってそれをあんちゃんと芸術家さん宅で実食してもらおうって言うんだから私も怖いもの知らずだわ。
 初めての料理なのに。
 生地の分量等はこちら


e0250594_12485240.jpg

 切るとこんな感じ。
 初めてで作り方判らず作った具の割に味が好みに仕上りほっとした。
 今日の生地は美味しくてまたピローグ焼く時はこの生地に使用って思う仕上り。
 連合いは味に言及しなくて良い様一生懸命生地ほめていましたよ。

 食わず嫌いで中に入れるならそのまま食べた方が良いと言い訳していたけれど、ピロシキは食べるんですよ。
 ピロシキみたいに小さくしたら食べるのかしら?
 「わざわざ中に入れる必要は無いっていうならもうあんパンとかクリームパンとか作らないぞ!」と言ったら困っていた。苦笑
 あれだって立派なピロシキなのよ。

[PR]
by etigoya13-2 | 2014-02-12 23:44 | 日々のこと
<< 季節物と昨日と違う景色と美味しい物 夕焼けに誘われて  >>



小さな発見小さな喜び日々の生活を丁寧に 2007年1月末より連れ合いの駐在に帯同して初海外生活。2015年5月帰任しました。
by 越後屋
書いているのはこんな人
名:越後屋
生年月日:1972年3月19日
家族:日本人の連れ合い
趣味:惰眠をむさぼる、料理を作る、食べる、何か手を動かしている
他:座右の銘は「食は魂!」
  今は毎日白樺細工製作中

シベリア
旅行口コミ情報

Flag Counter

PVアクセスランキング にほんブログ村
カテゴリ
全体
おしらせ
日々のこと

住まい
手仕事
買い物
食べ物


未分類
最新の記事
ブログ引っ越しました
at 2016-01-14 22:20
新しい白樺樹皮を開ける
at 2016-01-12 23:27
鏡開き
at 2016-01-11 23:15
お正月の料理と野菜を消費する
at 2016-01-10 22:34
馴染みの店味、新しい店の味、..
at 2016-01-09 23:17
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
フォロー中のブログ
小さな手紙
うろうろ、ごそごそ。
北緯44度の雑記帳
銀座 月光荘画材店
いつも食べることばかり
ハギスはお好き?
森の暮らし  たいまぐら便り
楽子の小さなことが楽しい毎日
フィレンツェ田舎生活便り2
Kippis! from...
そんな毎日、こんな毎日
糸巻きパレットガーデン
知りたがりやの食べたがりや
** mana's K...
ちりめん戯縫
Meille tulee...
..., and trips
粉もん☆マニア
mielilei
日々の彩り
マドモアゼルジジの感光生活
終の棲家のひとりごと♪
アクデニズ。
ソーニャの食べればご機嫌
ベジタリアンミットゥンと...
てぶくろ
カザルパロッコのネコ(C...
猫のはんどぱわー
日光グルマンズ和牛 | ...
エーゲ海のひとりごと。
NO ANCHOVY, ...
窓の向こう側
おいしいは嬉しい
北欧・スウェーデンよりシ...
文箱にはいるもの
*ごはん~~~☆``
フランス Bons vi...
ジェット妻ストリーム2
die Elfen im...
すてきてきさす
KINJO!
パリ流ダイアリー(Pet...
y-hygge
Wagon Cafe
Kuechennachr...
麓の家から
私のひとりごと
mi piacciono...
オフフープ™立体刺繍、フ...
o r i o r i
ちょっとそこまで
フランス Bons vi...
My style
Santa Clara ...
日々の記録
YUKKESCRAP
外部リンク
最新のトラックバック
2015年の梅干し仕込み
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
2014 梅干漬けました♪
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
イカセンター新宿総本店
from ソーニャの食べればご機嫌
イージースモーカーで作る..
from THERMOS イージースモ..
冬夏取り混ぜ!編んだ♪編..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
引っ越し後半~なんとか落..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
レモンとオリーブのロース..
from Ninukitchen便り
シフォンケーキ週間
from PoroとHirviのとおり道
おひとりさまランチは麺類..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
おひとりさまランチは麺類..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
タグ
(1072)
(712)
(406)
(237)
(181)
(172)
(143)
(142)
(107)
(103)
(97)
(78)
(75)
(41)
(34)
(30)
(18)
(10)
(8)
(7)
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧