「ほっ」と。キャンペーン
川凍り…
本日の天気 25→14→18度(終日氷点下)〈玄関内温度+4度〉晴れ


e0250594_20013870.jpg


 今期初氷点下20度を下回る気温となった今日、天気があまりに良いので誘われる様に近所の川へ。
 川が見えて来た時点で嬉しさに走り出してしまった。
 既に全面凍結となりました。
 まだ薄い所も有るので、当然人が上を歩ける程なのは本当に川岸だけですが、それでも凍結は凍結。
 いよいよ真冬らしい景色になって来ましたよ。

 そんな川へ近寄ってみると川面に石畳に散る白梅的景色出現。
 綺麗な透明の氷が多い中、所々丸で石畳の様に白くなった部分が。
 ここはその中でも一番その面積が広く、丁度花びらが散った様に白い雪の結晶が散っています。
 この結晶降ったものではなくてどうやら水中の水蒸気が氷近くで成長したものの様。
 不思議な景色だった。



日々作ってみた食事レシピブログ「これ旨いのか?
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味
白樺細工の事「ロシアから白樺細工

↓もう全面凍結なのね〜と思ったら一押しよろしくね。
 今日はつづきも盛り沢山ですが良かったら。

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ




e0250594_20013873.jpg


 お昼(と言っても15時過ぎですが)を食べにカフェへ行ったときは気持ちが良い冬晴れ〜。
 今日は…焼けた。



e0250594_20013854.jpg



 病院の分院や小学校から高校までが一つになっている学校等を一枚。
 アパートの4階建てが一番高い建物なので空が広い。



e0250594_20013859.jpg



 今日のカフェご飯はウハー(鱒と野菜とスパイス入り)、キャベツと豚肉の煮込み野菜入りご飯添え、ヒンカリ(グルジア風水餃子)、コーヒー。
 ウハーはちょっとスパイシーな感じで独特の味つけが美味しかった初の味。
 キャベツと豚肉は精進料理の定番キャベツの蒸し炒めに豚肉が入ったもので不味いはず無し。
 しかしロールキャベツか聞いた時ハッキリこたえが無かったけれど、これ全然別もの。汗
 付け合わせのご飯は恐らく市販品を温めたものだと思うのだけれど、これ以外に美味しいのね。
 ヒンカリは牛肉版。手作りの皮と餡は美味しいのだけど部分的に厚みが有る皮が全て茹だり切っていないのが唯一残念なところ。
 しかしこのカフェ、今のところ行く度に違う料理があり、なかなか頑張っているわ。
 今日何て凄い混んでいて次から次にお客さんが、結構繁盛しているのね。



e0250594_20013834.jpg


 今日も煙は寒い時の方向へ。
 天気予報では余り下がらない様なこと言っていたけれど、きょうと同じ位にはなるのかな?



e0250594_20013886.jpg


 スカートだったので一度家へ戻って着替えいざ川へ。
 ついた時。



e0250594_20013806.jpg


 帰る時。
 ぐっと印象が変わる。
 太陽がどんどん表情を変える動き有る沈むまでと沈んで静寂の青い時間が訪れる入り口と。
 どちらも好き。



e0250594_20013847.jpg


 川が全面凍結下ので夕日が一層輝き写り込んでいて眩しいぐらい。



e0250594_20013868.jpg


 どれぐらい凍っているかと連れ合いに松かさを掘り返してもらって投げてもらった図。
 1投目 今回一番遠くまで投げたけれど松かさ凄い弾んでコロコロと転がり離れていきました。
 上の黒い点がはねている松かさで下の黒い点が影。



e0250594_20013863.jpg


 2投目 少し手前に投げてもらうも結果同じ。



e0250594_20520586.jpg



 3投目 より手前に投げてもらうと今までで一番高くはね落ち



e0250594_20520557.jpg


 やはり軽快にコロコロ〜と転がり止まる。
 楽しい。
 今度はもう少し重い物投げてみたい。
 しかし既に雪が積もって手軽に見つからないのが残念だわ。



e0250594_20520653.jpg


 こちら雪の結晶と言えば結晶なのだけれど、降り積もったと言うよりその場で成長したもの。
 下は氷や凍った丸太で、日中水分がこの辺りで発生し、朝晩で霜として成長している様。
 まるで氷上のサンゴ。



e0250594_20520672.jpg


 氷上サンゴの近くには某牛乳メーカーのマークの様なものが氷から成長中。



e0250594_20520616.jpg


 寄ってみた。
 しかし氷の上に乗らない様にしてカメラのズームだけで寄ったのでこれが限界だった。
 何とか写って良かった。
 これかなり大きくて2㎝近くあります突起した1本1本が。
 だからカメラの腕は無くとも性能さえ良ければ誰でも写せると言うのが有り難い。



e0250594_20520626.jpg


 又少し違う場所では羽の様な結晶が成長中。
 これ、この前の冬も見たけれどほれぼれする程繊細なんですよ。
 こちらは前兆5㎝以上あります。



e0250594_20520656.jpg


 もう来年の春まで動く事無くこの場に浮いたまま凍っている丸太。
 何だか動きそうなのに動かないこの状態が不思議でついつい足先でつついてみたり。笑
 もちろん微動だにしません。



e0250594_20520666.jpg


 透明度の高い氷があると思えばこのように知ろう不思議な模様を描く部分も。
 思えば余り氷の張り始めにこの場所の川へ見に来た事がないことに気付く。
 大抵今まではスキーコースの方ばかりだった。
 だからこんなに透明で輝く動かない川をじっくり見たのは初めてに近いぐらい。
 かなり感動する。



e0250594_20520609.jpg


 動きそうなのにもう動かない丸太や氷から出た部分が色々に凍っている根、対岸は氷に写り込み双子の景色。
 透明の凍っている川ってこんなに楽しかったのか!
 何時もこちらの川に来る頃にはすっかり雪に覆われて白いときが多かったからね。新鮮。



e0250594_21013941.jpg


 水鏡ならぬ氷鏡で氷柱に覆われてしまった倒木の氷柱の下側がどうなっているのか写り込んで良くわかりますね。


e0250594_21013953.jpg
e0250594_21013927.jpg
 何だか寒そうに凍り付いている丸太。
 暑くへばりついた氷が夕日を受けオレンジ色に。
 引いてみるともうすぐ下端が対岸の稜線へかかる程太陽が沈んでいました。
 それにしても氷に移る夕焼けもまた美しい。

 この氷がもっと厚く人が何人乗っても大丈夫だと判ればスライディングしてみたいのだけどね。
 さすがにまだこの時期にそんな事をしてみる勇気は無かった。
 
 夕日が映る雪もまた朱に染まって柔らかな陰影を描き出しています。



e0250594_21013986.jpg


 どんどん沈む夕日と写り込む光の柱。
 氷の上に黒い小さなつぶつぶが見えるのは全て先に紹介した凍り表面で育つ結晶。
 肉眼では白く点々と存在しているのがよく見えています。



e0250594_21013965.jpg


 結構川の中心の方に有る丸太。
 こちらもこのまま春まで。
 良く写り込んでいますね。



e0250594_21013916.jpg



 気付けば氷の上に空が写り込んでいて幻想的。
 氷の上は一足早く青の世界がやって来た様。



e0250594_21013959.jpg



 別の場所に喜んで走っていたらズボッとハマる。
 しかも自力ではブーツが取り出せず、連合いに引っ張り上げてもらえました。
 水は無いから良いものの、抜けなくて焦ったわ。
 膝下ブーツ全て埋まりました。汗



e0250594_21013974.jpg


 今日はБаня(バーニャ/サウナ)を炊いているお宅が多いのか岸に近い程けぶっています。
 そろそろ日中と夜の気温差で川には靄が立ち上る季節になるのかな?



e0250594_21014079.jpg


 ここまでずっと川岸には余り近付いていなかった連合いが、何を思ったか急に氷の厚さを確かめたくなったらしい。
 身長に川岸から凍った丸太の上に乗り



e0250594_21140054.jpg


 丸太がきしみも市内と判るとまた1本岸から離れた丸太に移り



e0250594_21140076.jpg


 透明度の高い氷の上へ。
 1人なら全く問題無いらしい。
 わざときしませようとしていたけれど微動だにせず。



e0250594_21140042.jpg


 それならと私も氷の上へのって夕日をば。
 …でもね、私も乗ったら何処かでピシッと音が。滝汗
 そんなに私重かったかしら。
 幸いなことに亀裂が走って一気に氷が何て言うことは無く音がしたものの足元は微動だにせず。



e0250594_21140083.jpg
e0250594_21140098.jpg
 音がしたので私も連合いと同じところに乗るのはあきらめ、その手前に非ざまづいて→の写真の氷にカメラひっつけ接写してみました。
 ↑春まで動く事無い砂粒や水草が綺麗に移っている。
 中には立った(浮いていた?)状態で凍っている炭まで。
 水中カメラで写した様な写真にもっと色々な場所で接写してみたいと思わないでも無いのだけれど、寒さにカメラのバッテリー消耗激しくこれ以上は無理だった。



e0250594_21140140.jpg


 走行しているうちに夕日は最後の一瞬に近付いて来てより一層大きく黄色く鮮やかに。
 氷に写り込む夕焼けもまた丸く輝いて。



e0250594_21140197.jpg
e0250594_21140100.jpg
 着替えた時、ズボンも真冬用の日常着用にし、靴も万全の体制に。
 先の冬に購入したブーツを。
 さすが毛とはいえ薄めのタイツ1枚でも全く問題無し。
 まあこの時期には気持オーバースペック気味だから当然か。
 私は足小さいので着脱が長靴の様に出来るのも気にいっているところ。
 一番底はゴムながら、その上に厚めのフェルトが挟んであり、更にムートンのモンゴル製。
 ま、あちらも冬乾燥して寒いからこういうのは言いものありますね。
 しかも性能に対して価格安いし。 
 嬉しい。



e0250594_21140152.jpg


 そろそろカメラの電池も限界(暖まればまた戻るけれど)だし自分達も顔がテカテカ(焼けた上に寒い)して来たので帰る事に。
 最後の一枚は青の時間が到来し始めた頃で色合いが静寂に変わる瞬間。
 素敵。



e0250594_01220865.jpg


 今日の夕食は先日1人ご飯で作って美味しかったТефтели с томатным соусом(テフテリ ス トマトヌィム ソウサム/トマトソースの肉団子)を。
 連合い挽肉料理あまり率先して食べたいと言わない上に米入りはもっと非積極的なれど、今日は出来上がりに近づくにつれ何やら気持が変わったらしい。笑
 食べたら美味しいと良いはじめ、定番料理にしても良いとすら言っていました。
 いやこれが美味しいと思える様になるまで長かった。7年以上かかりましたよ。
 ロシア歴長いのに実は苦手だったロシア料理いくつか克服しましたが、これもその一つ。
 良かった良かった。
 今日のテフテリにはこの時のЖидикий Дым(ジートゥキィ ディム/液状煙=燻製風味漬け液)を使って風味をましているのも気にいったみたい。
 レシピリンクはこれ旨いのかに明日にでも公開したいと思います。



 色々な国、日本各地のレシピが沢山あるFOODIESならではのオーディションです。
 こちらのオーディション、Facebookのイイネで受賞が決まります。
 Facebookを使っている方がいらっしゃいましたらぜひポチットイイネ押して頂けると嬉しいです。
 ロシア料理を始め旧ソ連圏のレシピ投稿しています。名前は越後屋です。
 締め切りの12月1日までしばしブログ下記に記載させて頂きます。
 


[PR]
by etigoya13-2 | 2014-10-25 23:00 | 日々のこと
<< 早くも川の上歩く人有り 雪景色戻りウォッカの友で乾杯 >>



小さな発見小さな喜び日々の生活を丁寧に 2007年1月末より連れ合いの駐在に帯同して初海外生活。2015年5月帰任しました。
by 越後屋
書いているのはこんな人
名:越後屋
生年月日:1972年3月19日
家族:日本人の連れ合い
趣味:惰眠をむさぼる、料理を作る、食べる、何か手を動かしている
他:座右の銘は「食は魂!」
  今は毎日白樺細工製作中

シベリア
旅行口コミ情報

Flag Counter

PVアクセスランキング にほんブログ村
カテゴリ
全体
おしらせ
日々のこと

住まい
手仕事
買い物
食べ物


未分類
最新の記事
ブログ引っ越しました
at 2016-01-14 22:20
新しい白樺樹皮を開ける
at 2016-01-12 23:27
鏡開き
at 2016-01-11 23:15
お正月の料理と野菜を消費する
at 2016-01-10 22:34
馴染みの店味、新しい店の味、..
at 2016-01-09 23:17
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
お気に入りブログ
小さな手紙
うろうろ、ごそごそ。
北緯44度の雑記帳
銀座 月光荘画材店
いつも食べることばかり
ハギスはお好き?
森の暮らし  たいまぐら便り
楽子の小さなことが楽しい毎日
フィレンツェ田舎生活便り2
Kippis! from...
そんな毎日、こんな毎日
糸巻きパレットガーデン  
知りたがりやの食べたがりや
** mana's K...
ちりめん戯縫
Meille tulee...
..., and trips
粉もん☆マニア
mielilei
日々の彩り
マドモアゼルジジの感光生活
終の棲家のひとりごと♪
アクデニズ。
ソーニャの食べればご機嫌
ベジタリアンミットゥンと...
てぶくろ
カザルパロッコのネコ(C...
猫のはんどぱわー
日光グルマンズ和牛 | ...
エーゲ海のひとりごと。
NO ANCHOVY, ...
窓の向こう側
おいしいは嬉しい
北欧・スウェーデンよりシ...
文箱にはいるもの
*ごはん~~~☆``
フランス Bons vi...
ジェット妻ストリーム2
die Elfen im...
すてきてきさす
KINJO!
パリ流ダイアリー(Pet...
y-hygge
Wagon Cafe
Kuechennachr...
麓の家から
私のひとりごと
mi piacciono...
ビーズ・フェルト刺繍作家...
o r i o r i
ちょっとそこまで
フランス Bons vi...
My style
Santa Clara ...
日々の記録
YUKKESCRAP
外部リンク
最新のトラックバック
2015年の梅干し仕込み
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
2014 梅干漬けました♪
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
イカセンター新宿総本店
from ソーニャの食べればご機嫌
イージースモーカーで作る..
from THERMOS イージースモ..
冬夏取り混ぜ!編んだ♪編..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
引っ越し後半~なんとか落..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
レモンとオリーブのロース..
from Ninukitchen便り
シフォンケーキ週間
from PoroとHirviのとおり道
おひとりさまランチは麺類..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
おひとりさまランチは麺類..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
タグ
(1072)
(712)
(406)
(237)
(181)
(172)
(143)
(142)
(107)
(103)
(97)
(78)
(75)
(41)
(34)
(30)
(18)
(10)
(8)
(7)
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧