曇天の外出と今の時期の上着
本日の天気 1→3度(終日氷点下)〈玄関内温度8度〉 雪



e0250594_00330177.jpg


 夏に見ると目の覚める様な色合いに感じる塗装も冬の曇天の日に見るとしっとり馴染んで見えるのです。
 この配色がまたロシアの田舎らしく好き。



e0250594_00330154.jpg


 こちらのお宅も村に来た当初からなぜか気になって定点観測の様に写す場所。
 以前は大きな白樺の樹等が数本有りもう少し絵面が良かったのだけれど、随分とすっきりしてしまいました。
 夏に鮮やかなエメラルドに塗り直されていたのだけれど、冬の今見るとやはりしっとりとして来ていますね。

 そんな今日は朝あわや+というほど暖かく、私が動き出した頃には結晶が降り始めていました。
 夕方に向け少し下がったとはいえ氷点下3度。
 本当に冬か?というほどだらだらとした気温が続いています。苦笑



日々作ってみた食事レシピブログ「これ旨いのか?
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味
白樺細工の事「ロシアから白樺細工

↓鮮やかな色も暗い冬には落ちついて良いわね〜と思ったら一押しよろしくね。
 つづきも良かったら。





e0250594_00330148.jpg


 今日は如何しても確保したい道具等が有りアウトドア用品のお店へ。
 ありましたよ〜。
 こちら芸術家さんが使っていて何て便利なの!と思ったもの。
 鋏の様に盛って使う先がペンチの様になっているものです。本来の用途は歯の鋭い魚が食い付いたままの針を外す時に使うミカドブランドの釣り道具(ポーランド製)。
 私は釣りはぜんぜんなのでこれを何に使うかといえば白樺細工に。
 金具を使う場合(アクセサリー等)や細かい白樺細工のキツい部分を引っ張り出したりする時に。
 戻ってこれを使うの楽しみ♪



e0250594_00330135.jpg


 今日の買物には新作の鞄を小脇に祖母のムートンコートで。
 人様のブログでファーのコートを見て「おおそうだ、ムートン今の時期にぴったりだから着なきゃ」と思い出しました。
 もう40年以上前のもの。
 祖母は小柄な人だったので、腕は短く暖冬だった時の東京のデパートでたたき売られていた毛皮を縫い付けました。
 だからカフス部分と本体コートの暖かさに差が。苦笑

 ところで、毛皮に耐用年数があるって知っていました?
 私は東京にいる時全く縁が無かったので連合いに毛皮をプレゼントしてもらうまで知りませんでした。
 村近隣(モスクワ等の都会での事は判りません)では毛皮の値段は「高い=耐寒耐用年数が長い」になります。
 もちろん動物の希少性及び毛並みの希少性も高値にはなりますが、この場合大抵希少価値の高いものはまた耐寒耐用年数も高かったりします。
 高級ブランドのファーを取り扱う店があるのかは都市に住んでいないので判りませんが、毛皮屋は本当に沢山有るんです。(大小様々に)
 ムートンはヘルシンキ等でも毛皮を見ていた時お店の人に聞いたら氷点下30度ぐらいまでではないかと言う耐寒温度の高さ。
 村の真冬は氷点下30度代はかなり頻発の気温帯で氷点下40〜50度代にちゃんと対応出来る毛皮が求められます。
 そのためムートンを着ている人は見かける事がありません。
 


e0250594_00330150.jpg


 そんな耐寒温度の高いムートンのこのコート真冬には向かない上に、デザイン的にも真冬には全く向いていません。苦笑
 村では首ものは出来うる限り隙間を埋めるが鉄則なので、このように大きく襟があいている毛皮を着る人はいないんです。
 もちろん私もこんなあいていちゃその部分をどんなに厚着しても冷えきってしまうので真冬はこのムートンしまわれたまま。
 今の気温帯で中半袖で外出するのにぴったりと言うわけで冷え込みが本格化するまで着倒そうと思います。

 村で見ていると既に毛皮は良く見かける上着と言う季節。
 そして下は半袖とか薄い長袖何て言う事が多いです。(ダウンでも今の時期なら下は半袖の事有り。)
 今の時点でも室内と外気温の差は大体20〜26度。
 これが真冬氷点下40度代だぐらいになると60度以上になります。それぐらい室内は暑く外は寒い。
 だからダウンの様に色々下に着込んで外出する寒くないけれど暖かくない上着は敬遠され、速攻で暖かい毛皮が村での定着率まだまた高いのです。
 
 東京にいるときはダウンが十分に暖かいと感じる上に、地下鉄等に乗れば暑いぐらいの暖房だった事も有りダウンは暖かい上着と思っていました。
 しかし村で氷点下40度代後半から50度代後半を経験する様になると実感するのがダウンは「寒くはないけれど暖かい上着ではない」ということ。
 ダウンでももちろん暖かいと感じるよなものが無いわけではありませんが、毛皮並に重くかつかなりの高額で大抵女性もの無し…。
 ダウンって村の一番寒い時に着るには暖かさが足りず、下に重ね着をしないといけないのですが、室内が半袖対応ぐらいの気温の為重ね着をするとその時点で汗をかいたりします。
 そのまま外出すると体調不良を起こしかねないので面倒なのです。これ切実。
 毎日の事の上に室内は何処へ行っても同じ様に暑いのでやはりダウンより毛皮が村では優位になってしまうのも仕方が無いのかもしれません。
 そんなに暖房強くしなくてもとたぶん東京にいたときの私なら思うだろうけれど、暖房が強いのは人の為ではなく家のため。
 真冬暖房が弱くなると止まらなくとも配管が凍り始め、室温が氷点下になる何てものの数分。(実体験です。えらい目にあいました。)
 だからこそ中は薄着で外に出る時一枚羽織るだけの毛皮と言うのは未だに生き残っているのだと思います。
 どんなに外が寒くとも羽織れば直ぐに暖かい。  
 この感覚を一度味わうとダウンって寒いなと思います(あくまで村ではですが)。

 しかしこのムートンは形的にやっぱり今の時期ぐらいまでですね本当に残念。
 首がなー、こんなにあいていなければもっと活躍するのだけれど。

 もすぐ移動に入るので今一番の悩みは上着。
 村へ戻る頃が例年通りだと今よりかなり冷えるので、本格的ダウンかこのムートンで行こうか思案中。
 モスクワ/ヘルシンキ/ついでに日本到着後すぐ行く沖縄の気温をざっと調べたら村以外何処も+だし、ダウンなくても良さげな気温ばかり(沖縄に至っては上着要らない?)。
 ということで村からモスクワまでムートン+中薄着で移動し、モスクワから先は預けるかガバメントに入れて移動しようかななんて考えています。
 ダウンはぎゅうぎゅうに詰め込むわけにいかないし村へ戻る時中の重ね着多くしないといけないし。

 後姿も写真に写したけれど、着物並に衣紋がぬけちゃって…次着る時気をつけなきゃ。



e0250594_00330183.jpg


 話はがらりとかわり今日の食事、朝はパンを温めたもので、昼はカレー蕎麦の実夜は茄子入りトマトソースのパスタ。
 どちらも料理在庫消費や食材消費料理。
 蕎麦の実とカレーかなり好き、今度からカレーにする時私は蕎麦の実カーシャにしようかな常にと思う程。
 だまされたと思って試してみて欲しい。軽い食感でお米より早く炊きあがる時短料理だし。



 色々な国、日本各地のレシピが沢山あるFOODIESならではのオーディションです。
 こちらのオーディション、Facebookのイイネで受賞が決まります。
 Facebookを使っている方がいらっしゃいましたらぜひポチットイイネ押して頂けると嬉しいです。
 ロシア料理を始め旧ソ連圏のレシピ投稿しています。名前は越後屋です。
 締め切りの12月1日までしばしブログ下記に記載させて頂きます。
 



 

[PR]
by etigoya13-2 | 2014-11-01 23:12 | 日々のこと
<< 後少しで刺繍終るのだけど… サラサラふわり >>



小さな発見小さな喜び日々の生活を丁寧に 2007年1月末より連れ合いの駐在に帯同して初海外生活。2015年5月帰任しました。
by 越後屋
書いているのはこんな人
名:越後屋
生年月日:1972年3月19日
家族:日本人の連れ合い
趣味:惰眠をむさぼる、料理を作る、食べる、何か手を動かしている
他:座右の銘は「食は魂!」
  今は毎日白樺細工製作中

シベリア
旅行口コミ情報

Flag Counter

PVアクセスランキング にほんブログ村
カテゴリ
全体
おしらせ
日々のこと

住まい
手仕事
買い物
食べ物


未分類
最新の記事
ブログ引っ越しました
at 2016-01-14 22:20
新しい白樺樹皮を開ける
at 2016-01-12 23:27
鏡開き
at 2016-01-11 23:15
お正月の料理と野菜を消費する
at 2016-01-10 22:34
馴染みの店味、新しい店の味、..
at 2016-01-09 23:17
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
お気に入りブログ
小さな手紙
うろうろ、ごそごそ。
北緯44度の雑記帳
銀座 月光荘画材店
いつも食べることばかり
ハギスはお好き?
森の暮らし  たいまぐら便り
楽子の小さなことが楽しい毎日
フィレンツェ田舎生活便り2
Kippis! from...
そんな毎日、こんな毎日
糸巻きパレットガーデン  
知りたがりやの食べたがりや
** mana's K...
ちりめん戯縫
Meille tulee...
..., and trips
粉もん☆マニア
mielilei
日々の彩り
マドモアゼルジジの感光生活
終の棲家のひとりごと♪
アクデニズ。
ソーニャの食べればご機嫌
ベジタリアンミットゥンと...
てぶくろ
カザルパロッコのネコ(C...
猫のはんどぱわー
日光グルマンズ和牛 | ...
エーゲ海のひとりごと。
NO ANCHOVY, ...
窓の向こう側
おいしいは嬉しい
北欧・スウェーデンよりシ...
文箱にはいるもの
*ごはん~~~☆``
フランス Bons vi...
ジェット妻ストリーム2
die Elfen im...
すてきてきさす
KINJO!
パリ流ダイアリー(Pet...
y-hygge
Wagon Cafe
Kuechennachr...
麓の家から
私のひとりごと
mi piacciono...
ビーズ・フェルト刺繍作家...
o r i o r i
ちょっとそこまで
フランス Bons vi...
My style
Santa Clara ...
日々の記録
YUKKESCRAP
外部リンク
最新のトラックバック
2015年の梅干し仕込み
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
2014 梅干漬けました♪
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
イカセンター新宿総本店
from ソーニャの食べればご機嫌
イージースモーカーで作る..
from THERMOS イージースモ..
冬夏取り混ぜ!編んだ♪編..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
引っ越し後半~なんとか落..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
レモンとオリーブのロース..
from Ninukitchen便り
シフォンケーキ週間
from PoroとHirviのとおり道
おひとりさまランチは麺類..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
おひとりさまランチは麺類..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
タグ
(1072)
(712)
(406)
(237)
(181)
(172)
(143)
(142)
(107)
(103)
(97)
(78)
(75)
(41)
(34)
(30)
(18)
(10)
(8)
(7)
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧