サーリセルカ5日目 パンを焼きスキーで散歩冬のリゾートを満喫
村到着までの記事を追っかけ記録中
本日の天気 8度(終日氷点下) 吹雪時々曇り

e0250594_13125055.jpg


 今日のお昼。
 使った事が無い薪オーブンを使って計量もしていないパン生地を使ってパンを焼いてみました。
 部屋に薪オーブンがあると判ってやる気になったもの。
 ちょっと生地の水分多すぎた。
 それにしても薪オーブンってあっという間にパン焼き上がるんですね。(今回は火力調整良くわからず強すぎたけれど)
 約1kgの生地で10分かかったかな?という短時間でした。
 見た目はかなり悪いけれど食べることが出来るものが焼き上がって良かった。これ駄目だったら主食無しだからね。
 サーリセルカ最終日は楽しい一日になりそう。



日々作ってみた食事レシピブログ「これ旨いのか?
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味
白樺細工の事「ロシアから白樺細工


↓見た目難有りでも美味しかったなら良かったわね〜と思ったら一押しよろしくね。
 つづきも良かったら。





e0250594_13125036.jpg


 本日の朝食。
 日ごとパンの量が増え今日は最初から3個。足りずお代わりとシリアルも。
 絶対胃がまた大きくなっているわ。
 朝食に出るものは毎日同じなので一度好みが決まるとあんまり考えずに同じもので。



e0250594_13125099.jpg
e0250594_13125021.jpg
 朝食前に連合いが一度薪オーブンへ火を入れ温め、朝食から戻って再度火を入れ温めてくれました。
 もっと火力が必要だと思ったのよ〜〜。
 朝食に行っている間におきになったその状態で焼いてももしかしたら良かったのかも。
 
 今回の宿泊では暖炉、コンロ、オーブンと今に有るペーチは3箇所フル稼働。
 燃やしに燃やしました薪。
 楽しかったな。このキャビンに宿泊すること自体オプショナルツアーみたい。



e0250594_13125016.jpg


 パンが焼けたか見た一番最初の時はまだ焼けていなくて底剥がれる。
 かろうじて残った底が凄く美味しい焼き上がりだったから剥がれた底がもったいなかった。
 オーブンから出したらパリパリと小さい音をたてていました。
 思わず先に味見。
 香ばしくてパリッとしていて美味しい。
 上部も同じように焼き上がれば良かったのだけれど。



e0250594_13403245.jpg


 半端に残っていた野菜を投入したトナカイ肉と野菜のスープ。
 今一つだった缶詰キノコも煮込めば食感だけはキノコとして貢献していました。
 具沢山スープ好き。



e0250594_13403273.jpg


 フライパンが有ると思っていたので別の料理に毎日使うつもりでいた卵、フライパンがないためにほぼ出番無く来ていたので明日のおやつ分以外全て使ってロシア風オムレツに。
 具には玉葱と持ち帰っていたフライドポテトとソーセージのソーセージを使って。
 ロシア風オムレツのうち今日は泡立てて一気に焼き上げる方を。オーブン焼き茶碗蒸しタイプのオムレツ作るにはまだオーブンの使い勝手を身につけていないので。
 オムレツを焼く段階になって少し火力が落ちついたのか、炭から遠い方はいい具合に膨らみました。
 が、近い方は…瞬間火が通ってもう少しと焼いたら上部焦げた。汗



e0250594_13403246.jpg


 残りのトナカイ肉はこの料理に使うために取っておいたのだ。
 馬鈴薯ピューレとトナカイ肉で大好物を再現。
 やっぱりリンゴンベリーが無いと寂し。スーパーを見ていたのだけれど、如何しても瓶が大きいかかなり甘そうで止めたんです。
 もっと長逗留でトナカイ料理作りまくる時間が有れば買っても良いんだけどね。
 ベリー無しですがやっぱりこの料理好き。



e0250594_13403251.jpg


 パンも頂きます。
 冷めたての処にバターを塗って。
 今回は粉/塩/イースト/水だけで作ったのですが、甘味が出て粉の味堪能。
 モッチリしていて美味しかったな。
 バターたっぷりがまた至福。
 皮はかなりこげてしまっているのだけれど、薪で焼いたパンだからなのか凄く香が良くてこれが薪(白樺)の香かしら〜なんて思いながら頂きました。
 お昼の記事はこちらもどうぞ。



e0250594_13403290.jpg


 お昼をかなりしっかり頂いたので今日は運動もしちゃいました。
 本当は晴れて気持がいい雪景色で、森の中木漏れ日を感じながら滑るというのが楽しみだったのだけれど、フィンランドに入ってからまともに晴れていないし今日はサーリセルカ最終日だしと言うわけで腹ごなしに。
 こちらのホテルスキー&靴&ストックレンタルは24時間勘定。
 朝借りれば翌日の朝まで。お昼に借りたら翌日のお昼まで使えます。
 スキーの種類も靴の種類も豊富なので自分好みのものを選ぶ事も出来ますよ。
 サーリセルカ、スキーコースが多いので地図をもらって何処を滑るか決めます。
 村と違って何処でも入って滑って良いというわけではなく、決まったスキーコースを滑らないといけないですからね。
 決めると言っても別のカフェやらお店やらがあるコースは中級コース以上なので、ホテル敷地内からそのまま滑り出すことが出来よるには街灯がつく初心者コースを滑る事に。
 そのコースにも2箇所カフェが有る表示もあったのでそのカフェで折り返そうと言う魂胆です。
 この初心者コース往復5.4kmはホテルの敷地を抜けるとずっと両側針葉樹のコース。
 整備されていてクラッシック走法の跡もしっかり付いていて滑りやすい。
 大きな起伏もほぼ無いので確かに初心者コース。しかしながら実は行き緩やかな上りがずっと続いているので普段運動不足の私には負荷大。苦笑
 それでも今日お姉さんが見立ててくれたスキー板がたいそう合っているようでいつになく快調に滑る事が出来て楽しかった。
 途中地図と案内板を確認しているうちに徒歩で散歩している2人組に抜かれ、その後なぜか一度も追いつけないと言う程度の行から帰りは凄い快調に飛ばす事が出来る様になるんだから毎日やったらもっと滑れる様になるんだろうな。
 その追いつけない徒歩の人に追いついたのは1箇所目のカフェ記載地点。
 先にその2人がカフェを探して案内板の指す方向へ言ったのですが、閉まっているとの事で戻って来たのです。
 そこで徒歩組は戻って行ったのですが、時間的にもう少し滑ってから折り返したかった私は迷わず更に先へ。
 そうしたら2箇所目のカフェ案内表示比較的直ぐでした。



e0250594_13494400.jpg


 がしかし、案内板の方向へ獣道の様なスキーの跡を行くも道路に出て直ぐにはカフェというかホテルは見えず私だけまずは道路に沿って滑ってみました。
 建物は見えたけれど、それは1箇所目のカフェ表示の建物だったので戻り、連合いが「本当にこっち?」といぶかしむ獣道スキー跡の方へ。
 そうしたら見えて来ました〜明かり。
 絶対あそこがそうだと言い聞かせながら滑る事ちょっとで到着。
 暗くなり始めていたのでこうやって明かりが見えた時は嬉しかった。
 あの案内表示冬は暗くなるの早いし建物を目視できないから最初の案内表示の後出た道路にも案内が欲しい。



e0250594_13494441.jpg


 森の中にぽつんと有る様に冬は見えるこちらのホテル、カフェだけの利用も出来るとの事で入る事に。
 中では宿泊客が好きな場所でそれぞれくつろいでいました。
 後でサイトを教えてもらって見たらお値段他より少し安いしサウナはかなり自由に入れるようだし森の中で他に何も無いしこういうところで滞在も良いかも。

Muotokan Maja Wilderness Lodge
http://www.muotkanmaja.fi



e0250594_13494484.jpg


 他のホテルから少し離れているのでスキーで滑って辿り着くとこんなところに?と思うロケーションながらトナカイの角を効果的に使ったインテリアがラップランドらしく好感が持てます。
 シャンデリアもトナカイの角で組み立てられていました。
 丁度夕食ビュッフェの準備中で忙しいところ話しかけてコーヒー等飲んで良いのか確認。
 こちらのスタッフどなたも人当たり良く笑顔で気持がよかったです。
 こちらは少なくとも今の時期はビュッフェ形式の様で、ホットチョコ/コーヒー/紅茶等はカウンターに有るものを好きに入れて飲む形でした。
 連合いはホットチョコを、私は紅茶を頂きました。
 いつか機会があったらこちらのホテルにも泊まってみたいと思わせるホテルでした。
 


e0250594_13494412.jpg



 卓上の花(造花)にもトナカイの角。
 上手くアレンジするなと関心しちゃった。
 したに敷いて有るトナカイの布欲しかった。



e0250594_13494487.jpg

 
 我が家が到着し「入って良いのかな?何処から入るのかな?」なんてブツブツ言い合っていた時には餌を食べたり尻尾を振って愛想を降り前いたりしていた真っ白な犬、出て来たら白いトナカイの毛皮に同化する様に寝ていました。
 さすが寒冷地の番犬?逞しい。
 


e0250594_13590191.jpg


 今日も夕食の時間は早めの時間を選んでいるのであまりゆっくりは出来ずカフェ(というかホテル)を後にし、街灯のついた道を戻ります。
 途中立ち寄ったホテル宿泊者のスキー学校参加者とすれ違い、いつかちゃんと習ってみたいと思いながら滑ります。
 所々街灯がつかなかったり間隔が広いのでかなり暗い所有り。
 これはナイターコースとはいえ慣れていないとやはり厳しいかな。
 帰りは行より更に快調にスキーに乗れて楽しい散歩となりました。
 筋肉痛に明日から悩まされそうだけれど。



e0250594_13590109.jpg


 今日の夕食は特別コースから。
 私はメインが猪のコースを、連合いはトナカイのコースを選択。
 写真は私のコースの前菜。
 塩漬けのサーモンにクリームチーズの様な味わいの滑らかなチーズディップが入っていたり野菜を巻いてあったり。
 断然お仕着せメニューより美味しい。
 いや、同じシェフが作っているとは思えない位違います。
 イクラも美味しかったな〜。



e0250594_13590147.jpg


 こちらがメイン。
 日本で猪食べた事ありますが、もっと色も濃くて薄切りだったから柔らかな噛み応えだったので同じもかと思う位違う印象。
 しかしこの猪さんガッツリ山を走り回っていたようで顎が疲れる位。
 予想よりあっさりしていて噛む程に味が出て来る感じ。ジビエというには香はとても柔からです。
 ベリーの入ったソースがまた良く有っていて「こういうのを食べたかったのよラップランドなんだし」と良いながら満足で食べすすめる。
 今日はちゃんと野菜は適正な大きさで適正に加熱されていて一安心。
 高い値段出してまた加熱不足の野菜何て食べたくないですからね。
 付け合わせの馬鈴薯お焼きと豆お焼きがどちらも美味しくこれなら家で試してみる事で切るかななんて思ったりも。
 


e0250594_13590143.jpg


 デザートはラッカ(クラウドベリー)のケーキ。
 これフィンランドとしては甘さ控えめでなかなか美味しいんですが、クラウドベリーの種ってかなり大きくて食べるとき邪魔なのが難点。
 美味しいのだけどねー。



e0250594_13590157.jpg


 食後ラップランドコーヒーなるものをお願いして見ました。
 中に入れるアルコール分は半分で。
 アイリッシュコーヒーが好きな人にはお薦めです。
 ウィスキーの代わりにベリーのリキュールとウォッカの様な蒸留酒が入っていて少し甘いもの。
 アルコール半分で正解だった。
 今日の夕食について全部の料理はこちらをどうぞ。
 
 特別料理を食べてみて、今回の様にアラカルトが無い時期は特別メニューを選択した方が安全だと思います。まあ甘い味のアジア料理も大好きな方は通常メニューで良いと思いますが、折角ラップランドに来たのでその地域の食事がしたいという人には特別料理をお勧めします。
 宿泊料金に含まれている夕食代金との差額を払う形なので1回につき20前後〜30€以内の追加となります。
 一番良いのはアラカルトが有る時期に宿泊する事かも。
 特別メニューもコース仕立てなので好きな料理で組み立てる事は出来ないから。




[PR]
by etigoya13-2 | 2015-02-05 23:11 |
<< サーリセルカからラーヌヤルビへ サーリセルカ4日目 薪コンロを楽しむ >>



小さな発見小さな喜び日々の生活を丁寧に 2007年1月末より連れ合いの駐在に帯同して初海外生活。2015年5月帰任しました。
by 越後屋
書いているのはこんな人
名:越後屋
生年月日:1972年3月19日
家族:日本人の連れ合い
趣味:惰眠をむさぼる、料理を作る、食べる、何か手を動かしている
他:座右の銘は「食は魂!」
  今は毎日白樺細工製作中

シベリア
旅行口コミ情報

Flag Counter

PVアクセスランキング にほんブログ村
カテゴリ
全体
おしらせ
日々のこと

住まい
手仕事
買い物
食べ物


未分類
最新の記事
ブログ引っ越しました
at 2016-01-14 22:20
新しい白樺樹皮を開ける
at 2016-01-12 23:27
鏡開き
at 2016-01-11 23:15
お正月の料理と野菜を消費する
at 2016-01-10 22:34
馴染みの店味、新しい店の味、..
at 2016-01-09 23:17
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
お気に入りブログ
小さな手紙
うろうろ、ごそごそ。
北緯44度の雑記帳
銀座 月光荘画材店
いつも食べることばかり
ハギスはお好き?
森の暮らし  たいまぐら便り
楽子の小さなことが楽しい毎日
フィレンツェ田舎生活便り2
Kippis! from...
そんな毎日、こんな毎日
糸巻きパレットガーデン  
知りたがりやの食べたがりや
** mana's K...
ちりめん戯縫
Meille tulee...
..., and trips
粉もん☆マニア
mielilei
日々の彩り
マドモアゼルジジの感光生活
終の棲家のひとりごと♪
アクデニズ。
ソーニャの食べればご機嫌
ベジタリアンミットゥンと...
てぶくろ
カザルパロッコのネコ(C...
猫のはんどぱわー
日光グルマンズ和牛 | ...
エーゲ海のひとりごと。
NO ANCHOVY, ...
窓の向こう側
おいしいは嬉しい
北欧・スウェーデンよりシ...
文箱にはいるもの
*ごはん~~~☆``
フランス Bons vi...
ジェット妻ストリーム2
die Elfen im...
すてきてきさす
KINJO!
パリ流ダイアリー(Pet...
y-hygge
Wagon Cafe
Kuechennachr...
麓の家から
私のひとりごと
mi piacciono...
ビーズ・フェルト刺繍作家...
o r i o r i
ちょっとそこまで
フランス Bons vi...
My style
Santa Clara ...
日々の記録
YUKKESCRAP
外部リンク
最新のトラックバック
2015年の梅干し仕込み
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
2014 梅干漬けました♪
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
イカセンター新宿総本店
from ソーニャの食べればご機嫌
イージースモーカーで作る..
from THERMOS イージースモ..
冬夏取り混ぜ!編んだ♪編..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
引っ越し後半~なんとか落..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
レモンとオリーブのロース..
from Ninukitchen便り
シフォンケーキ週間
from PoroとHirviのとおり道
おひとりさまランチは麺類..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
おひとりさまランチは麺類..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
タグ
(1072)
(712)
(406)
(237)
(181)
(172)
(143)
(142)
(107)
(103)
(97)
(78)
(75)
(41)
(34)
(30)
(18)
(10)
(8)
(7)
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧