久しぶりのОладьяと大好きな道具
e0250594_14105789.jpg


 Yちゃんの家で会食をした時にイタリアから来た可愛らしいお嬢さんに質問されたのです。
 「ロシアで食べるおやつは?」と。
 私はロシアでもごくごく限られた地域の極小さい村でしか生活していないのでその生活の中で日本にいた時には知らなかったお茶の時間の友について話をしました。
 それ以来かなり食べたくて機会をうかがってやっと組み込んだのが今日のブランチ。
 私が住んでいた村ではまだg単位で量るよりも一袋(1kg)の小麦で作る時にこれ位の材料という作り方がよく聞かれとにかくこういう粉ものは積み上げる物でした。
 だから私もつい積み上げたくなります。
 2人暮らしではさすがに1kgの粉で作るわけにはいかないけれど。
 お供も紅茶でね。
 日本で食べてもロシアのおやつ美味しいかった。



日々作ってみた食事レシピブログ「これ旨いのか?
ロシア料理のみのレシピブログ「ロシア料理は豊かな味
白樺細工の事「ロシアから白樺細工

↓念願のロシアおやつ作れて良かったわねと思われましたら一押しポチリとお願いします。
 つづきも良かったら。

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村



e0250594_14105765.jpg


 今日一番に楽しんだのはほうじ茶のアガーゼリー。
 今回使った生協のアガーはアガーの他に蒟蒻粉も入っていて元々持っているアガーだけの物よりもより弾力があり滑らかな食感に仕上りました。
 今日は砂糖を入れそのまま何もかけずに頂ける味に仕上げて。
 


e0250594_14105728.jpg


 ほうじ茶ゼリーの撮影後、窓辺はОладья(アラージー/イースト発酵生地のパンケーキ)生地発行場所に早変わり。
 生地を仕込んでしばらくは風通しの良い台所の台に置いておいたのだけれど、お腹がすきすぎるのでゆっくり発酵はまたの機会にとっておき今日は日向で発酵させる事に。
 終日冷房を使っていない家なのでもっと発酵は早く進むかと思って起きてから仕込んだけれど、次回は寝る前に仕込んで朝焼く感じでも良さそう。



e0250594_14105756.jpg

 
 だいぶ膨らんできました。
 もう少し気泡が出て来るまで待ってもいいのだけれど、焼いているそばでまた発酵するのでこの位で焼きに入る事に。
 今日の生地は強力粉/牛乳/卵/砂糖/塩/米油/イースト。
 米油をバターに代えると更に風味が良くなります。
 生地の砂糖は甘味のためではなくイースト発酵用なので、いれなくても出来ます。
 今回は水分量を決め、その後粉を足しながら好みの緩さになるまで調整して行きました。
 少量を作る場合は粉を量るより水分200mlに粉を少しずつ足し混ぜ、泡立て器から重たげに生地が足れて行く位にすると比較的簡単に作れます。

 私は林檎や洋梨を入れて焼くものも好きなのだけれど、連合いが簡素な物が好きなので今日は何も入れず。
 次回は半量を林檎入りにして楽しみたい。

FOODIES レシピもっちりОладьи(アラージー)


e0250594_14110656.jpg


 村にいた時はБлины(ブリヌイ/ロシア風クレープ)パンに小さく落として焼いていたけれど、今日は帰任の道行きでヘルシンキに立ち寄った際購入したこちらのパンで焼いています。
 これ凄く重くて片手でひょいと持てる重さではないのだけれど、同じ大きさに一気に焼けるので気にいっています。
 日本へ戻って3回目の使用ですが、今回初めて焦げ付いたりせず綺麗に焼ける様になりました。
 窪みに生地を落として気泡が沢山空き始め、周囲から乾燥し始めたらひっくり返す。
 この繰り返し。



e0250594_14110781.jpg


 一番最初だけ刷毛で薄く油を塗りましたが、後は油入らずでこんな魅惑の焼き色に。
 重かったけれど、やっぱり買って良かった道具。
 かなり前から見かけ、いつか手元にと思っていた道具だったので。
 途中からは連合いが要領よく焼いて取り出し、私が生地を落とす事で仕上りも早かった。
 やっぱりこの所々濃い焼き色がついた焼き上がりが私の知っている美味しいОладьяの見た目なのでこの焼き目がつくだけで美味しい!と思えるのではないかとすら思っちゃう。



e0250594_14110786.jpg


 小さく焼いているので真っ直ぐ積み上げるのはちょっとむずかしく、円を書く様にしながら積んでみた図。
 やっぱりこういう粉ものはたっぷり無いと雰囲気でないからね。
 私が村に住んでいたとき、Оладьяは甘い味で食べるのみでしたが、お隣フィンランドではБлиныをこれ位の大きさに焼いて塩味の物とも組み合わせて食べていたので、そうやって食べても美味しいかもしれない。
 今度ブランチの時に塩味の何か合わせてみようかなとか妄想しながら頂くのがまた楽しい。



e0250594_14110724.jpg


 本日のお供はバター/蜂蜜バター/Сметана(スメタナ/サワークリーム)脂肪分25%のクリーム状の物/林檎のジュレ。
 Сметанаは連合いのお土産を冷蔵庫で大事に保管しているもの。
 ロシアではかなりの田舎でも手に入る広域で展開する会社の物ですが日本のサワークリームと違って酸味がよりまろやかでクリーム状になっています。
 林檎のジュレは村で仕込んだ保存食の一つを大事に持ち帰ったもの。
 村で庭やДача(ダーチャ/菜園付き小屋)に植えている人が多かった姫林檎の一種で作っています。
 かなり砂糖をたっぷり使って甘く作るのだけれど、林檎が持っている酸味のおかげで引き締まった味わいに仕上る村の夏を主出させる味。
 一瓶しか持ち帰っていないので大切に頂いています。
 村産の果物は少ないけれど、取れる物は過酷な環境を逞しく生き抜いている味がして濃かった。
 酸味も甘味もしっかりあって生でも加工してもぼやける事なし。
 夏から秋に仕込んだ果物の味を閉じ込めた加工品で長い冬にビタミンの補給と彩り、味わいを楽しむ村の生活、やっぱり行ってみて良かったなと思う事の一つです。


 駐在といえば、ジェット妻ストリーム2さんのブログ記事でインタビュー取材を受けたと言う記事がありそちらを読んで自分とは全然違うわ〜なんて思っていたのです。
 そもそも私の帯同理由は「面白そう」の一言で後方支援という考え等これっぽちも頭をかすめず、さらには連合いから聞く限り優雅な生活とも縁はなさそうだし(自然豊かでアウトドアライフが好きな人には限りなく優雅な地域では有りますが)と思いながら帯同したものでした。
 その上周りの知り合いに駐在地を伝えれば羨ましいと言われる事はまあほとんど無く、大抵「よくついていったね」と言われるような場所という事も有り苦労もしていないのに「苦労しているでしょう」と逆にいたわられてしまう始末でした。苦笑
 そんな私の話がjetwifeさんがインタビュー取材を受けられた時に何気なく話した結果文字となって載っていました。
 何も考えずに面白そうという基準だけで生活していたのに、他の人からなんだか凄いと言われるとこそばゆい様な気がしてしまいます。
 (詳しくはjetwifeさんのインタビュー記事こちら→をクリックして読んでみて下さいね。)

 更には日本へ帰任した後連合いが仕事関連の方との会食の時に、実はjetwifeさんから「このブログを読むべき」との話を聞いて以来読んでいるんですよなんて言われたりすると冷や汗も。笑
 連合いは冷や汗以上だったかもしれない…。苦笑
 我が家の場合連合いが私から見れば「何をそんなに考えるのか?」という位色々考えている(本人はそんなに考えていないと言うけれど私には考えてばかりに見える)ので私はね行き当たりばったりなのです。
 自腹で観光に行く様な地域ではない分折角だから楽しまないとね〜という極めて単純な考えでしたが、村での生活は制服を着た表の顔のロシアではない牧歌的でかつ逞しいロシアをかいま見ることが出来貴重な駐在経験だったなと思います。
 日本へ戻ってイタリアから来たご家族に「ロシアはどんなだったか」と聞かれたとき、制服のロシアではなく私服を着た陽気で楽しいロシア人の話をもっと伝えることが出来れば良かったと思いながらインタビュー取材の記事を読んでいたのでした。
 インタビュー記事は駐在中の人だけでなく日常生活でも考え方の参考になる内容なので是非読んでみて下さいね。

[PR]
by etigoya13-2 | 2015-08-08 23:08 | 日々のこと
<< 冷房に負ける 気分転換に夕焼けを眺める >>



小さな発見小さな喜び日々の生活を丁寧に 2007年1月末より連れ合いの駐在に帯同して初海外生活。2015年5月帰任しました。
by 越後屋
書いているのはこんな人
名:越後屋
生年月日:1972年3月19日
家族:日本人の連れ合い
趣味:惰眠をむさぼる、料理を作る、食べる、何か手を動かしている
他:座右の銘は「食は魂!」
  今は毎日白樺細工製作中

シベリア
旅行口コミ情報

Flag Counter

PVアクセスランキング にほんブログ村
カテゴリ
全体
おしらせ
日々のこと

住まい
手仕事
買い物
食べ物


未分類
最新の記事
ブログ引っ越しました
at 2016-01-14 22:20
新しい白樺樹皮を開ける
at 2016-01-12 23:27
鏡開き
at 2016-01-11 23:15
お正月の料理と野菜を消費する
at 2016-01-10 22:34
馴染みの店味、新しい店の味、..
at 2016-01-09 23:17
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
お気に入りブログ
小さな手紙
うろうろ、ごそごそ。
北緯44度の雑記帳
銀座 月光荘画材店
いつも食べることばかり
ハギスはお好き?
森の暮らし  たいまぐら便り
楽子の小さなことが楽しい毎日
フィレンツェ田舎生活便り2
Kippis! from...
そんな毎日、こんな毎日
糸巻きパレットガーデン  
知りたがりやの食べたがりや
** mana's K...
ちりめん戯縫
Meille tulee...
..., and trips
粉もん☆マニア
mielilei
日々の彩り
マドモアゼルジジの感光生活
終の棲家のひとりごと♪
アクデニズ。
ソーニャの食べればご機嫌
ベジタリアンミットゥンと...
てぶくろ
カザルパロッコのネコ(C...
猫のはんどぱわー
日光グルマンズ和牛 | ...
エーゲ海のひとりごと。
NO ANCHOVY, ...
窓の向こう側
おいしいは嬉しい
北欧・スウェーデンよりシ...
文箱にはいるもの
*ごはん~~~☆``
フランス Bons vi...
ジェット妻ストリーム2
die Elfen im...
すてきてきさす
KINJO!
パリ流ダイアリー(Pet...
y-hygge
Wagon Cafe
Kuechennachr...
麓の家から
私のひとりごと
mi piacciono...
ビーズ・フェルト刺繍作家...
o r i o r i
ちょっとそこまで
フランス Bons vi...
My style
Santa Clara ...
日々の記録
YUKKESCRAP
外部リンク
最新のトラックバック
2015年の梅干し仕込み
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
2014 梅干漬けました♪
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
イカセンター新宿総本店
from ソーニャの食べればご機嫌
イージースモーカーで作る..
from THERMOS イージースモ..
冬夏取り混ぜ!編んだ♪編..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
引っ越し後半~なんとか落..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
レモンとオリーブのロース..
from Ninukitchen便り
シフォンケーキ週間
from PoroとHirviのとおり道
おひとりさまランチは麺類..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
おひとりさまランチは麺類..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
タグ
(1072)
(712)
(406)
(237)
(181)
(172)
(143)
(142)
(107)
(103)
(97)
(78)
(75)
(41)
(34)
(30)
(18)
(10)
(8)
(7)
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧