「ほっ」と。キャンペーン
<   2011年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧
納品に買い物にあっという間の1日
e0250594_36584.jpg

 今回の東京滞在中は最終日をのぞいてグレースリー銀座へ宿泊。こちらのホテルは、ネット等で探すとある程度金額をおさえて宿泊する事が出来るけれど、フロントサービス等はビジネスホテルより良い(先に預けた荷物=我が家の場合トランク2つとサブバックや洗濯物は室内へ入れてもらえる)ことと、朝食が充実しているので好きなホテルです。
 今回は素泊まりで予約をし、必要な日だけ別途朝食を付ける形。宿泊とセットではない朝食は1,500円。金額としてはやや高い印象をうけますが、小食な人でなければ結構妥当な線だと思います。
 これは私の朝食。五分突きご飯と白米の半分づつ装った上にとろろ。納豆、具沢山みそ汁、肉豆腐、クロワッサンと生ハム、トマト、それに本日の惣菜和洋中華の中から好みで選択。
 ご飯をもう1膳頂き、食後の珈琲とフルーツまで食べ過ぎた。苦笑
 えーと連れ合いはこれより少ないです食べた量。汗
 このホテルへ宿泊すると間違いなく朝食は食べ過ぎてしまう。ご飯がおいしいのが嬉しいです。
 
e0250594_3144079.jpg

 お昼の忙しい時間を避けてと思って午前中に美容院へ行、午後オガワカフェへ納品に行ってきました。
 「フユノタカラモノvol.2」という企画展の納品と飾り付け。
 私にはこいう展示のセンスが無いというのがよーく判った日。涙
 こんな事ではいけ無いと思いつつも、こればかりは急にセンスが良くなるわけではないところが辛い。
 丁度お茶の時間?という頃に入店し、夕食どき前に退散。いやー慣れない事すると疲れます。回数を重ねたら少しはマシになるのだろうか?
 次のグループ展はこれまた会期前も会期中も日本へ戻れる可能性が少なくなったので納品から頭を痛めそう。トホホ

e0250594_3245611.jpg

 展示が終わり、ほっとしたところでお店から珈琲を頂きました。有り難かった〜。元々何かちょっとお腹へ入れてから帰ろうとは思っていたのだけど、先手を打たれてしまった。
 今日はチーズケーキを頂きました。干しぶどうがしみじみ美味しかった。私が作るときっと固いままなのは下処理の一手間をしないからでしょうね。まあ連れ合いが苦手なので滅多に使わないのだけど。
 たまに丁寧に作られたお菓子に入っている干しぶどうを頂くと、こんなに美味しかったかしら?って再発見します。
 この日は他に買い物をしたいお店も有り、連れ合いとホテル近辺の駅で待ち合わせをし、買い物しながら移動。
 夕食に予定したお店はタッチの差で閉店していて、仕方なく夜の銀座をうろうろ。
 ところがねー、銀座って本当に軽く(量も値段も)夕食を食べたいっていう時に夜20時以降(今日は既に21時になってしまったし)は選択肢ががくんと減っちゃうんですよね。
 無いことは無いけれど、歩いて移動するうちに次々しまっていく感じ。
 
e0250594_331115.jpg
 
 結局2軒ラーメン屋が並んでいた中で、じゃんがらラーメンへ。こちらは私の頼んだつけ麺。
 失敗した。
 失敗っていうのは味がまずくてじゃなくて、本当は食べたかったものと違うのにつけ麺どんな感じかしら?と思って頼んでしまったから。美味しかったけど、本来食べたかった方に未練が残った。苦笑
 豚骨も入っているけれど、魚介のダシがしっかりしていて見た目よりぐっとさっぱりしています。これをご飯にも少し掛けて頂くのが美味しかった。
 つけ麺の麺は太目。 

e0250594_3403538.jpg

 じゃんがらラーメンと見て食べたかったのはこちらのラーメン。連れ合いが頼んでくれたので少しは食べることが出来たのだけど、次は替え玉も頼んで堪能したい。こちらの麺は細麺。いかにも吸収のラーメンの麺と言う感じ。
 翌日口腔外科の予約が入っているので大蒜は入れられず。その辺りも万全を期して。笑
 
 ところで、このお店の横には油そばのお店もあったんです。油そばも実は食べたいと思いつつなかなか実現していない麺。次の帰国時はラーメン屋の梯子か?
 何とかホテルのすぐ近くで夕食にありつけやっとホテルでほ。いやー本当に日本へ帰ると歩きづめで忙しい。別段凄い用事をこなしているわけではないのにね。


日々作ってみた食事レシピブログはこちら
これ旨いのか?

ロシア料理のみのレシピブログはこちら
ロシア料理は豊かな味

白樺細工の事はこちら
ロシアから白樺細工


にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ひとり手芸部へ
にほんブログ村
[PR]
by etigoya13-2 | 2011-11-30 23:58 |
父の手料理
e0250594_124675.jpg

 タイトルと全然関係ないですが、実家の近所にあるお宅。小さい時から変わらずいや、年を経てさらに重みがまして素敵になっている様に思います。
 実家の有る区は大きなお屋敷が多かったのですが、やはり世代交代でだんだん切り売りされ、マンションになったり、細切れの宅地として販売され緑もかなり減ってきています。
 こちらのお宅はそんな中今も変わらず重厚な佇まいを残していて目にする度にほっとする場所の一つ。
 青緑の銅葺き屋根と焦げ茶色の木材のコントラストが素敵です。
 
 今日はただひたすら明日の白樺細工納品へ向け、実家に置いてあったものとの数の照合や作っておいた資料の印刷、必要書類の印刷等をしていてあっという間に時間が過ぎていきました。
 
e0250594_1133147.jpg 作業の合間にお腹の虫がわめくので急遽実家の冷凍庫や野菜室あさり。
 冷凍庫に生ラーメンがあったので、これをお昼にする事に決め、使い切れそうな量が残っていたキャベツやピーマン、里芋等を入れて。
 ああ、野菜が豊富に売っている場所って素敵♪彩りだって悩まなくていいんだもんね〜。
 里芋とラーメンが合うのか?という疑問はあるものの、村で食べることが出来ない食材なので使いたくて投入。
 味噌ラーメンだったので案外美味しかった。

e0250594_122458.jpg

 父が最近はまっていると盛んに言っていた燻製。実家は無水鍋があるので手軽に作れる様になったよう。チップもたっぷり買ってというか小さい袋で買っても使う量が大匙1ぐらいなのでなかなか減らないと言う意味でたっぷり。
 今日はちくわと卵。燻製香も美味しく手軽に作る燻製としては凄くいい出来と言いたいところですが…卵に全く塩味を付けていないのはやっぱりなんとも。
 塩掛けちゃいました。手軽に作るなら既に味のついたちくわや蒲鉾、チーズ等が失敗無いですね。料理に塩を忘れちゃいけません。
 他が美味しく出来ているだけに塩抜きダメージが。苦笑
 
e0250594_146757.jpg

 本日のメインはキャベツと豚ばら肉薄切りの豆豉炒め。
 これは美味しかったです。欲を言えば豚肉はもっと少なくキャベツを増量してもらいたいですが。最後の方豚の脂と炒め油でかなりのこってり度だったので。
 塩味も濃すぎず、下味の風味と豆豉の味で次回もぜひ作ってもらいたい料理。
 最近は料理を作る回数も増えているらしくこれからどんどん腕が上がるのだろうか?
 
e0250594_1544993.jpg

 こちらは箸休め&ご飯の友に最適なおろしじゃこと大根の即席漬け。冬大根の瑞々しさを味わえるのは日本ならではですね。
 村も出発前に大根が入荷していて、まあ中は恐らくそこそこ瑞々しいとは思うけれど、皮は大分ハリが失われつつあるものしか入荷しないですからね。
 まあそれでも太い日本の大根と同じくらいの大きさのものが手に入るだけでもものすごく有り難いのだけど。
 
e0250594_1593797.jpg

 ご飯は2膳に分けて食べれば良いのでは?という全部乗せ。卵掛けご飯も食べたいけれど納豆も外せない。そして即席漬けもあるしという迷いが混沌となった一膳。
 結局全部乗せで美味しく頂きました。
 なにせ村では駐在員に「生卵禁止」のお達しが出ている手前、万が一を考えると卵掛けご飯は無理なのでねー。凄く食べたくなるんです。
 納豆はつくれば良いのに最近とんと作ってないな。大豆一応買ってあるのに。
 
 やっぱりお家ご飯は良いです。外食で食べたいものももちろん沢山有るのだけど、やっぱり家庭のご飯って全然違うと何時も思います。最終的に体が楽なんですよね。
 
e0250594_231275.jpg

 ホテルへ戻って連れ合いと昼間買っておいたねんりん家のバームクーヘン切り落としを。2種類買ったうちのちょっと重めの方を食べてみました。
 予想よりずっと穏やかな味わいなれど、普段油分の入ったお菓子を余り作らないのでバターの味が美味しかった。
 母には並んでいなかった?と聞かれたけれど、丁度透いている時期だったのかすんなり買う事が出来ました。そんなに有名なお店だったんだ…知らなかった。
 日本に帰るとコンビニから百貨店までとにかく目新しく感じるお菓子やパン等があって、もう絶対太りますね。
 


日々作ってみた食事レシピブログはこちら
これ旨いのか?

ロシア料理のみのレシピブログはこちら
ロシア料理は豊かな味

白樺細工の事はこちら
ロシアから白樺細工


にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ひとり手芸部へ
にほんブログ村
[PR]
by etigoya13-2 | 2011-11-29 23:00 |
河豚でほっこりと
e0250594_0175447.jpg

 日本に着いてからもうずーっと食べ過ぎですが、今日はほどほどの量を美味しく頂きました。河豚です。
 と言ってもすっかり写真の事は忘れ去っていて、最後の最後〆の河豚雑炊の時点でやっと思い出したので写真はこれだけ。汗
 時期によってはお餅もありますが、いまの時期は無いのだそう。ちょっと残念。
 でもとにかく美味しくてこういう料理を食べる時はやっぱり「ああ日本って良いなー」ってしみじみ思います。 

e0250594_020295.jpg

 お店は河豚と言えば我が家(私の実家)ではこちらのお店と言うぐらい定番の「ひょうたん」。
 こちらのお店は店員さんが若い人も含めてとても気持ちが良い接客と雑炊等を作る手際の良さが嬉しいお店。いつ行っても同じ様に気持良く過ごせると言うのがとても良いですよね。
 接客の方は黒い長袖Tシャツと黒いスカート(もしかしてワンピースかな?)に白いエプロンがちょっとソ連時代の女子学生の制服っぽくて、「これに赤い三角スカーフを首に巻いたりしたらそのまんまだねなんて」ロシアに縁の無い人には判らない事を言ってしまいお姐さん達?が飛んでいました。苦笑
 写真のマッチ、箱が素敵で必ず持ち帰るんです。こちら卓上でガスコンロに火をつける(最初は付けてくれるのだけれど、弱めようといてついつい消してしまう事があるので)時に使います。
 我が家はどうも弱める具合がなかなか上手くいかず結構中身が減ってしまった。
 あ、あと河豚と言えばひれ酒の時に火をつけるのにも使うので都合5、6杯飲むと5、6本減ってしまうと言うのもありますね。

e0250594_021182.jpg

 お腹一杯といいつつも、既に「本日中にお召し上がり下さい。」を無視して翌日も夜になってしまったぴよりんを試食。
 私にはちょっと強すぎる甘味の四十奏(プリン+ムース+スポンジ+チョコレート)で1個にしておいて良かった。
 連れ合いと半分で丁度良いぐらい。まあロシアの重めのケーキに比べれば甘味も食感も軽いのだけれど。
 


日々作ってみた食事レシピブログはこちら
これ旨いのか?

ロシア料理のみのレシピブログはこちら
ロシア料理は豊かな味

白樺細工の事はこちら
ロシアから白樺細工


にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by etigoya13-2 | 2011-11-28 23:10 |
新キャラ?
e0250594_23545426.jpg

 名古屋から東京へ。夜にお会いする「異邦人の食卓」のタヌ子さんと「ソーニャの食べればご機嫌」のソーニャさんへシャチボンの後継者?らしきぴよりんを買って一路東京へ。
 シャチボンのインパクトにはやや負けるもののもうすぐ12月というのを彷彿とさせる飾り付けで置かれていて結構足を止める人が多かったです。次なる名物になるのか?
 プリンをムースで包み、更にスポンジで包んだものにチョコレートの羽等が付いています。

e0250594_23562177.jpg

 新幹線の中では昨日やっと編み図を書き終えて毛糸を使い始めたプラトークのおかげであ~~~っという間に東京。(ってもともと近いですが)
 今回は村で練習に編んでいたモヘア入りの毛糸より細い山羊100%の毛糸を使っています。同じ目数なのに全然大きさが違って間違えたかと思う程。苦笑

e0250594_23573385.jpg

 とにかくホテルへチェックインして一路待ち合わせの魚金本店へ。詳しくはこれ旨いのか?で御紹介していますが、初対面だと言うのにハンドルネームでしか挨拶しないまま注文し食べ始めてやっと本名で挨拶何て言う間抜けな事をしてしまいました。汗
 最初から日本酒ちびちびやれるってやっぱり素敵♪
 こいちらは〆に頂いたイカスミチャーハンだったかな?それにめんたい豆腐の餡を掛けて頂きました。タヌ子さんが色合い綺麗なんじゃないかと言っていて、それぞれ味見したらあいそうだったのでがっつりとあんかけに。なあなか凄い色合い。
 あ、味は魚介同士美味しかったですよ。


日々作ってみた食事レシピブログはこちら
これ旨いのか?

ロシア料理のみのレシピブログはこちら
ロシア料理は豊かな味

白樺細工の事はこちら
ロシアから白樺細工


にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ひとり手芸部へ
にほんブログ村
[PR]
by etigoya13-2 | 2011-11-27 23:55 |
清水から名古屋へ
e0250594_193389.jpg

 本日ダントツの一枚はひつまぶし〜。この写真だけで美味しさがくっきり蘇る程美味しかったです。
 清水から名古屋へ移動し、今日は「楽子の小さなことが楽しい毎日」の楽子さんご夫妻と待ち合わせ〜♪
 そこでここ数年年4回も帰国すると言うのに全然食べに行く事が出来ていなかったう・な・ぎを食べて来ました。もうこの日はこの鰻の美味しさにものすごい満足度高かった。
 お店は楽子さんというか御主人お薦めの「ひつまぶしのしら河」栄店へ連れて行ってもらいました。 

 まだ村へいる時からメールのやり取りをして日時を決めていたわけですが、名古屋も寒くなってきたと聞き、少しは気温差が少なくなっているかと思ったけれど風が無い日はやっぱり暑かった。苦笑
 村は風があまり吹かないので日本のビル風や空っ風はかなり寒く感じるのだけれど、この日は穏やかに晴れてはっきり言ってダウンが邪魔。
 まだまだ日本は村でいえば秋の入り口と言った天気です。
 
e0250594_1254474.jpg

 さて、この日は珍しく名古屋駅での待ち合わせではなく、地下鉄で一駅移動したところで待ち合わせ。私の我がままでお昼ご飯の前に一カ所寄り道。
 Рябина(リャビーナ/ななかまど)へ。
 なんと楽子さんの御主人は職場が最寄り駅の凄い近くだったとか。もう折角の休日に職場のメチャクチャ近くへ行くはめになってしまい申し訳ありませんでした。

 さて、こちらのお店ロシア雑貨や本と日本の作家さんの作品が販売されています。ロシア小物を扱うお店にリャビーナってとても合っていて素敵です。
 冬が長いロシアで暗い冬に彩りを添えてくれるナナカマド。庭木として植えているお宅は多いし、果実酒にしたりして村でもとても身近なんです。
 楽子さんとお店を見て、お土産交換なんていう流れになっている間に男性陣はさっさと飲物で一休みモードへ。店主さんに相手をしてもらいながらモルス(べリーの清涼飲料水)を頂いていました。
 女性陣はお土産交換しつつ白樺ジュースを。実は私は今回頂いた白樺ジュースを入れても3回目なんです市販の物は。
 前回日本から村へ戻る途中に購入したものよりぐっとさっぱりしていて美味しかったです。

 ちなみに村で頂く白樺樹液と言えば生のもの。当然ながら味は固体差があって均一ではありませんが、ほのかな甘味が美味しい物からまるで水っていうものまで色々なんですよ。
 天然のままの白樺樹液は透明のまま保管するのは加熱する等しないと難しく、村でも翌日ぐらいから白濁してしまいます。
 冷暗所で保管すると透明度を保つ事は出来ますが、やはりクワスになるとロシア人が言う通り自然発酵していきます。微炭酸で独特の香になるので連れ合いはこの発酵した物は苦手。
 きっと日本の方で発酵させる飲物に慣れていないと飲めないと言う方は多いのかもしれませんが、村では自然に発酵させる飲物は意外に多いのですっかり慣れてしまいました。
 白樺樹液からは女王のワインなんていう物も出来るんですよ。これは凄い辛口で私は好き。
 更に私は量を頂いているので、臭いが特に強い物はやはりあまり美味しいとは思いませんが、美味しく頂けるタイプもある事を知っているのでそう苦手意識は無いのですけどね。

 北海道でも樹液を特別な加工で白濁しない様にした物が生産されていますので、楽しむ事が出来ますよ。こちら→
 こういう加工品が手に入るのはやはり大都市ならではなのでしょうねー。村にも入荷すると良いのに。
 
 それにしても、ロシアは広大すぎて、全然お目にかかれない工芸品を日本で見れるっていやはや、日本やっぱり何でもありますね。
 

e0250594_1544798.jpg

 そしてお腹がすいたコールでいよいよ鰻へ!!!!我が家にはもちろん文句無し。歩いている最中連れ合いはやけにきょろきょろ。滅多に歩いた事が無い場所らしく地元のくせにへ〜〜を連発してました。笑
 お店へ付いて私が悩んだのはメニューじゃなくて量。爆
 まずは楽子さん御主人が全員でつまめる様にと頼んでくれた白焼き。大好物ですからね最初から凄い嬉しい。
 白焼きってタレの力を借りる事が出来ないから難しそうですよね。

e0250594_221355.jpg

 連れ合いはしら河御膳。ひつまぶしではなく長焼き。この御前色々付いていてお得でしたよとっても。お刺身や揚げたての天ぷらまで付きます。
 連れ合いも念願の鰻でかなり満足げ。

e0250594_25521.jpg

 私は初心貫徹「ひつまぶし」大盛りです!これに茶碗蒸しと肝すいを付けました。大盛りにしておいて良かったー。これ普通盛りだったら足りずに追加注文していたと思う。
 山椒がとても香り高くて凄く美味しかった。
 私は結局山葵を使わず山椒とダシで変化をつけて頂いたのだけどこの変化させる事が出来る食べ方って良いですよね。
 しばらく鰻鰻って騒がないかも。
 
 この後駅までぶらっと歩いて楽子さんご夫妻と別れ、名古屋駅へ。荷物を出してちょっと一休みしてから連れ合いの実家へ。
 夕食はおでんでちょっと嬉しかった。何せ昨日天ぷらを食べ過ぎ、今日は昼に鰻をガッツリ食べていたのでね、さっぱりなおでんが体に染み入ります。
 鶏ご飯もおいしかった。なにせ新米は其れだけで村で食べているお米と違う輝きで見た目で既にご馳走ですからね我が家にとって。

e0250594_213478.jpg

 夕食を頂きながら義母さんから鬼饅頭の作り方を知っているかの質問で、ガッツリお腹いっぱい食べた後だと言うのに行きがかり上鬼饅頭を作るはめに。
 でも全然分量覚えていなくてはて、出来るだろうか?という感じでしたがとりあえずお茶碗1杯を基準に作ってみました。
 ま一応其れっぽくは仕上がったか。生地の砂糖が少なすぎで、あんまり柔らかさの日持ちはしない仕上がりながら素朴で美味しかった。
 やっぱり鬼饅頭は薩摩芋で作る方が美味しいね。うん。村では手に入らないので黄色が強い馬鈴薯を煮て作っていたんです。
 こういう素朴なおやつ大好き。

 は〜今日も食べ過ぎた。

 

日々作ってみた食事レシピブログはこちら
これ旨いのか?

ロシア料理のみのレシピブログはこちら
ロシア料理は豊かな味

白樺細工の事はこちら
ロシアから白樺細工


にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村
[PR]
by etigoya13-2 | 2011-11-26 23:06 |
日本初日は清水〜
e0250594_0251456.jpg

 日本に寝ていてあっという間に到着。今回は珍しく良く寝ました。寝ると体がやっぱり楽ですね。
 到着した日本は…村から着て来たダウン(タウン用だけれど)では暑くて持っているのもいやという気温でした。
 本日は静岡県の清水へ宿泊です。
 まずは清水と聞いて私の頭に最初に浮かんだ生の桜えびを使ったかき揚げ。う〜んサクサクかつ生の桜えびならではの食感と味で美味しかった。

e0250594_0454745.jpg

 かき揚げ以外に黒薩摩とかお刺身盛り合わせ、金目鯛の刺身等も頂いたけれど、はっきり言って熱燗ですっかり酔っ払って後半はほとんど味が判らなくなっていました。汗
 しかもやっぱり到着初日はかなり疲れていたようで土偶の様に目が晴れてまぶたを開ける事が出来ずに一直線の目になってしまい、さすがに飲め飲め攻撃をしていた清水の方もお開きにしてくれました。
 いやー久しぶりだったあんな土偶顔。苦笑



日々作ってみた食事レシピブログはこちら
これ旨いのか?

ロシア料理のみのレシピブログはこちら
ロシア料理は豊かな味

白樺細工の事はこちら
ロシアから白樺細工


にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ひとり手芸部へ
にほんブログ村
[PR]
by etigoya13-2 | 2011-11-25 23:22 |
モスクワ発ヘルシンキ経由日本行
e0250594_22385431.jpg
 
 今日もまた長い一日。モスクワを出発し、ヘルシンキの空港で数時間のトランジット後日本へ向けて出発しました。
 写真はトランジットの時に頂いたフィンランドのクリスマスといえばというプラムジャムのパイ。手裏剣に見えますよね〜。
 パイ生地は甘く無いので中心のジャムの甘味が凄くいきていて美味しかった。
 今年こそ自分でもちゃんと作ろう〜。
 
e0250594_23191499.jpg

 モスクワで宿泊したホテルは朝食がビュッフェ形式ではなく、定食。メインを選びます。今回は私がオムレツ(左)連れ合いがトマト添え目玉焼き(右)でした。
 他に茸とタマネギの蕎麦カーシャやブリヌイもありますよ。
 
e0250594_23305767.jpg

 ラッシュを何とか回避出来た地下鉄移動を終え、空港でほんの少し休んでからいざモスクワヘルシンキの短い空の旅。
 一応国際せんなので、短くとも機内食は出ます。こちら鶏肉のサンドウィッチ。ヴァンター空港の売店でも全く同じもの売っているんですね。
 フィンエアーの機内食で出て来るパン我が家好みでいつも美味しく頂けます。今回のものはちょっと味濃すぎだけどね。
 
e0250594_004970.jpg

 今回ラウンジで食べた中で一番は最初のパイですが、次にというかほぼ同じぐらい美味しかったのがこの馬鈴薯のジェノベーゼソース?和え。いやーこれの食べ過ぎでお腹ふくれた…。

e0250594_075960.jpg

 今度はヘルシンキから成田へ向けてまた空の旅。既にお腹は一杯なのであんまり機内に愛情がありませんでしたが、左が私の選択したカリフラワーとヒヨコ豆のカレー。
 頼んだ後思い出したけれど、前回フィンエアーを使った時も同じものを選択していました。汗
 このカレー、ご飯の炊き方はまああんまり美味しく無いのですが、カレーの方は美味しいのでお薦めです。
 左が連れ合い選択のハンバーグ。まあこちらは連れ合い的に失敗です。挽肉の料理あんまり得意じゃないですからね。味はそんなに悪く無いのだけど。
 あと地味ですが、これに付いているクラッカーが案外好き。
 
 この後はひたすら眠ってしまいました〜。




日々作ってみた食事レシピブログはこちら
これ旨いのか?

ロシア料理のみのレシピブログはこちら
ロシア料理は豊かな味

白樺細工の事はこちら
ロシアから白樺細工


にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by etigoya13-2 | 2011-11-24 23:31 |
長い1日
本日の天気 氷点下15→0? 晴れ
 
e0250594_22222319.jpg


e0250594_2364062.jpg  朝最寄り国内線空港からモスクワヘ向け6時間強の空の旅。
冬のこの時期、日の出前に飛び立ち一度陽が登るとモスクワ近くまでずーっと朝焼けの中を飛行していきとても綺麗です。
 今日は特に朝焼けが赤く美しかった。
 窓辺の女性が日よけを上げていてくれたおかげで、時おり疲れた目を綺麗な朝焼けで和ませる事が出来て快適なフライトでした。 

e0250594_23161276.jpg

 我が家が利用している路線の機内食、気をてらったものを出さない代わりにまあごく普通の家庭や工場等の食堂で食べる感じの味で意外に美味しいんですよ。
 お薦めは魚の冷菜。今回も鱒の薄塩にしたもの。凄く脂ののりも良くて美味しかった。黒パンに乗せてオープンサンドにして頂きました〜♪
 メインは魚、鶏、肉(牛肉又は豚肉。今回は豚肉)から選べる事が多いですが、今回私が鶏、連れ合いは魚。どちらも見た目は同じ仕上りで粉を付けて揚げ焼きにしたものです。
 鶏は塩胡椒に薄ら大蒜。魚は塩したシンプルなもの。付け合わせは鶏がご飯、魚は馬鈴薯、肉は蕎麦でした。
 凄いねロシア的な機内食だと思う。
 
e0250594_23353316.jpg

 今回の宿泊はいつもの事務所近くが満杯ということで、確保出来た凄い久しぶりの修道院ホテル。
 こちらのホテル、周囲を教会や修道院に囲まれていてはっきり言ってホテルとは連れて行ってもらわない限り判らない商売っけ無しなホテルです。(あ、でも結構お客さんはいます)
 凄く広いわけではないけれど、大きめのトランクが3カ所ぐらいで開く事が出来るぐらいの広さはあります。
 バスルーム、さすがにモスクワでかつそこそこの金額なホテルだけに、ちゃんと便座もあります。
ドライヤーも設置してあるしアメニティーも品質は人によって感じ方が違いますが、必要最低限揃っています。
 我が家の様に通過途中で寝るだけの人間には十分なホテルですが、なにせ周りに何も無い上にホテル内も売店が無いのでその辺りは少し不便かも。
 各階にホールがあって、そこではネットも繋がりました。
 
 一度荷物を置いて、モスクワ在住のロシア人に頼まれていた切手を私に指示された地下鉄駅へ。モスクワのマクドナルドでお昼。
 マクドナルドのフライドポテトってあんなに大きかったかなー?Lサイズ。
 
e0250594_23493195.jpg

 夕方、今度はモスクワ在住のkaakoさんに本屋へ案内してもらいました〜。って本屋の写真は無いですが、DVD(好きなドラマや古い映画)と探していた本が手に入りました!
 それにしても、モスクワって本当にサービス悪ッ!!!本は投げるしおつりも投げ捨てるし…。こういうところは本当に田舎はにこやかだし優しいよー。大体小銭をいやがるなんて無いしね。
 
 そうこうしているうちに、お腹もガッツリすいて空港では高い値段なのでとても入ってみる気にならなかったму・муへ連れて行ってもらいました。本とDVDにお金を使い過ぎた我が家、手持ちに不安もあったもので。しかもご馳走になってしまった。汗
 こちらは私のと連れ合いのを写していますが、黒パンを浸して頂いた茸のクリームスープ結構美味しかった。まあロシア料理という味とはちょっとちがいますが。
 ソーセージに炒め馬鈴薯&茸。胡瓜とトマトのマリネ。今頃気付いているけれど、マッシュルームがスープとサイドディッシュでダブってるし。
 連れ合いはパンとスープは同じで、マヨネーズ味のサラダ、鱒とフライドポテト。
 飲物は紅茶が共通で私だけ白濁のビールを頂いてみました。あんまり苦いタイプじゃないくて美味しかった。けど移動した日なので蕁麻疹でまくっていた。苦笑
 
 夜遅くまでつき合ってもらえて楽しかった〜。しかも欲しかった本&DVDがかなり揃ったのがメチャクチャ嬉しい。
 村へ戻ったらまたどっぷりテレビッ子決定ですね。


日々作ってみた食事レシピブログはこちら
これ旨いのか?

ロシア料理のみのレシピブログはこちら
ロシア料理は豊かな味

白樺細工の事はこちら
ロシアから白樺細工


にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by etigoya13-2 | 2011-11-23 23:15 |
最寄り国内線空港へプチ旅行移動
最寄り国内線空港近くの気温 氷点下15度 晴れ

e0250594_18165544.jpg

 夕方、村の駅からシベリア鉄道支線の一つへのって6時間今日のプチ旅行。隣りの市にある最寄り空港前のホテルへ移動です。
 写真は駅から川方向を望んだところ。気温が低いので、各家庭が炊いた薪の煙が靄となり地表近くだけに漂っている様子が写っています。

e0250594_18201841.jpg 丁度線路の奥に夕日が沈み静かに夜へ移り変わりつつある時刻。
 冬も深まり夕日が沈む頃から、真っ暗な夜になるまでがどんどん美しい色に発色する様になっています。
 元も駅周辺に高い建物があまり無いと言う事も有り、開けた景色にその色合いが美しく映えていました。

e0250594_18212617.jpg

 列車が定刻通りに到着し、指定の座席へ。このところ見かけなかった4人個室車両がまた連結される様になり、荷物の多い我が家にはとても嬉しい事。
 開放寝台の下段を予約で来たとしても、座席の構造上スーツケースが入らないので。
 4人個室はスーツケースは1個ずつ、それ以外のバックが囲いの中へ入れる事が出来る構造。やっぱりこっち方が寝る場所を取られなくて楽。
 今日は先客がいないのでゆったり&即座にテーブルの上は即夕食モードに。
 奥窓際からコーンパフスナック2種類、クワス(茶色いペットボトル)、蜂蜜入り紅茶(水筒)、バナナ、燻製干しオークニ(自家製頂き物)、昨日焼いた馬鈴薯入り黒パン、小エビと馬鈴薯のサラダ、ズッキーニと人参のナムル風、シュカ(カワカマス燻製半生)、卵サンドフィリング、ルーマニア風芥子の実ケーキ。が本日の列車の友。
 車掌からカップを借りて紅茶、砂糖、ミルクは鉄なお友達のお土産用に購入。カップを借りるだけなら我が家の使っている路線はただです。が、周りのロシア人は8割ぐらいmyカップ持参なので借りるのは凄い少数。
 
 小エビと馬鈴薯のサラダはタベラッテで見つけたいっちゃんさんのレシピ。美味しそうだったので作ってみました~。半端に残ったキャベツも加えたら、えーと見た目が今一つな仕上りになってしまいましたが、前日に作った事も有り、味が染みて馴染んでいて凄く美味しかったんですよ~。
タベラッテ海老ポテトサラダ

 鍋カバーの記事を見て、弁当カバーを作ったら暖かいまま持ち運べるかと思って実験してみたら、結構良い感じで暖かいまま列車へ持ち運べました。これは次回も使えそうー。(でも一見座布団?っと思うぐらい大げさになカバーなんですけどね)
 
 今日はまず最初に布団を敷いていつでも喰っちゃ寝出来る体勢にしていたからもうゴロゴロと至福の移動。やっぱり列車いいわ~。トイレも暖かいしね。

e0250594_18221436.jpg

 そんな至福な時間はあっという間に過ぎて、6時間強で最寄り国内線空港の有る市へ到着。一路空港へ向います。空港前に2軒のホテルが有り、今日はいつも宿泊するホテルが一杯との事で、もう一つの方へ。
 こちらのホテル、連れ合いがロシアへ代わった直後ぐらいに宿泊した時は、「シーツは無し」「明かり無し」「凍らなかったから恐らく煖房はあったが寒かった」「トイレは共同」「シャワー無し」「人が横になれる台があった」という素晴らしいホテルだったと言うところ。(なにせね、なぜわざわざそこへいなければいけ無いか判らなくなる程ひどかったらしい。空港の待合室の方が良かったってね…)
 恐る恐る入ったら、やっぱりそこはかとなくソ連を感じさせる入り口。何故にスロープを造った様に見せかけて、階段一段より高い段差が最後の最後にあるのか?エレベーターが奥にあるけれど、ホテル階には行かないのか?とまあなかなか味わい深いホテルです。
 あ、ちなみにこの写真はホテル入り口ではなく、ホテル(5階建ての5階部分のみ)が入っている建物の入り口です。
 
e0250594_18223934.jpg そして、こちらがホテル入り口~♪絶対知らないと入れませんね。
 非常階段兼用。5階までひたすらスーツケースと絵画、出張者の忘れ物ボストンバックを持って上がりました。ものすごい疲れた。
 上りきって目の前にあるのがこちらのやる気が感じられないホテル入り口。ちなみにホテルというのはここと、この入り口へ通じる非常階段の入り口にしか表示は無く、建物外観ありません。
 ロシア人にすら「そんなところは知らない、泊まって大丈夫なのか?」と言われるだけはあります。苦笑
 でもまあフロントのお姉ちゃんは申し訳なさそうに腰が低い対応でこれ以上疲れる事は無かったから良かったです。これで高飛車だったら気分的にもどっと疲れますからねー。
 この時点で汗かきまくり。いや、村は寒かったもので、タウン用ダウンでは駅で松のが寒すぎると着込んだら、最寄り国内線空港の有る市は10度以上軽く気温が高くて暖かかった。
  
e0250594_18233394.jpg

 こちら室内。さすがにソ連からロシアになって少し時間も経ち、まあ寝るだけなら十分な感じに。3ベット。椅子2脚、テーブル1台、洋服ダンス(毛布等が入っている)1台。電気ポットは借りたもの。
 煖房も付いている上にさらにラジエーターを付けておいてくれていたし。何となく古きロシアというかソ連チックな感じ?
 
e0250594_18241424.jpg

 そしてこちらはバストイレ。いや、私は初めてですよホテルで便座が無いって。(連れ合いは「え、意外にあるんじゃないのかな」と言っていましたが)そのかわりいつも宿泊するホテルには無い大きバスタブ有り。湯量も豊富でお湯が出て来るまでの時間も凄く短いから、お風呂を溜めて入れるのがこのホテルの一番の売りというかこれしか売りは無いとですね。朝食等は一切無し。当然売店も無いよー。
 夕食の残りというかほとんど朝食用も兼ねて持って来ておいて良かったー。
 
e0250594_18244932.jpg

 そして鍵ですが、まあこんな感じのホテルだしねオートロックなんてもちろん無くて伝統的二重回しの鍵でした。何となく気分的には安心感有り?
 明日は空港からモスクワまでまた6時間ちょっとのフライトで〜す。 


日々作ってみた食事レシピブログはこちら
これ旨いのか?

ロシア料理のみのレシピブログはこちら
ロシア料理は豊かな味

白樺細工の事はこちら
ロシアから白樺細工


にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by etigoya13-2 | 2011-11-22 23:07 |
定例の一時帰国の移動へ入ります
本日の天気 27→18度(終日氷点下) 晴れ

e0250594_17155695.jpg

 今日から移動に入り、12月9日村へ戻ります。定例の一時帰国。写真は最寄り国内線空港がある市までの列車旅夕食とつまみやらお茶請けなどなど。(6時間ちょっとしか乗らないのに)
 お弁当と言っても冷たくていいサラダや卵サンドのフィリングで、この袋はほとんど水とクワスがしめています。
 これにあと1個バックが付いて大荷物なお弁当で行ってきま〜す。

 今回の一時帰国中は編み物進むと良いなー。

日々作ってみた食事レシピブログはこちら
これ旨いのか?

ロシア料理のみのレシピブログはこちら
ロシア料理は豊かな味

白樺細工の事はこちら
ロシアから白樺細工


にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ひとり手芸部へ
にほんブログ村
[PR]
by etigoya13-2 | 2011-11-22 18:40 | おしらせ



小さな発見小さな喜び日々の生活を丁寧に 2007年1月末より連れ合いの駐在に帯同して初海外生活。2015年5月帰任しました。
by 越後屋
書いているのはこんな人
名:越後屋
生年月日:1972年3月19日
家族:日本人の連れ合い
趣味:惰眠をむさぼる、料理を作る、食べる、何か手を動かしている
他:座右の銘は「食は魂!」
  今は毎日白樺細工製作中

シベリア
旅行口コミ情報

Flag Counter

PVアクセスランキング にほんブログ村
カテゴリ
全体
おしらせ
日々のこと

住まい
手仕事
買い物
食べ物


未分類
最新の記事
ブログ引っ越しました
at 2016-01-14 22:20
新しい白樺樹皮を開ける
at 2016-01-12 23:27
鏡開き
at 2016-01-11 23:15
お正月の料理と野菜を消費する
at 2016-01-10 22:34
馴染みの店味、新しい店の味、..
at 2016-01-09 23:17
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
お気に入りブログ
小さな手紙
うろうろ、ごそごそ。
北緯44度の雑記帳
銀座 月光荘画材店
いつも食べることばかり
ハギスはお好き?
森の暮らし  たいまぐら便り
楽子の小さなことが楽しい毎日
フィレンツェ田舎生活便り2
Kippis! from...
そんな毎日、こんな毎日
糸巻きパレットガーデン  
知りたがりやの食べたがりや
** mana's K...
ちりめん戯縫
Meille tulee...
..., and trips
粉もん☆マニア
mielilei
日々の彩り
マドモアゼルジジの感光生活
終の棲家のひとりごと♪
アクデニズ。
ソーニャの食べればご機嫌
ベジタリアンミットゥンと...
てぶくろ
カザルパロッコのネコ(C...
猫のはんどぱわー
日光グルマンズ和牛 | ...
エーゲ海のひとりごと。
NO ANCHOVY, ...
窓の向こう側
おいしいは嬉しい
北欧・スウェーデンよりシ...
文箱にはいるもの
*ごはん~~~☆``
フランス Bons vi...
ジェット妻ストリーム2
die Elfen im...
すてきてきさす
KINJO!
パリ流ダイアリー(Pet...
y-hygge
Wagon Cafe
Kuechennachr...
麓の家から
私のひとりごと
mi piacciono...
ビーズ・フェルト刺繍作家...
o r i o r i
ちょっとそこまで
フランス Bons vi...
My style
Santa Clara ...
日々の記録
YUKKESCRAP
外部リンク
最新のトラックバック
2015年の梅干し仕込み
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
2014 梅干漬けました♪
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
イカセンター新宿総本店
from ソーニャの食べればご機嫌
イージースモーカーで作る..
from THERMOS イージースモ..
冬夏取り混ぜ!編んだ♪編..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
引っ越し後半~なんとか落..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
レモンとオリーブのロース..
from Ninukitchen便り
シフォンケーキ週間
from PoroとHirviのとおり道
おひとりさまランチは麺類..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
おひとりさまランチは麺類..
from 楽子の小さなことが楽しい毎日
タグ
(1072)
(712)
(406)
(237)
(181)
(172)
(143)
(142)
(107)
(103)
(97)
(78)
(75)
(41)
(34)
(30)
(18)
(10)
(8)
(7)
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧